【安心犬活】ドッグフードの賞味期限

多くのドッグフードは長期保存ができるように賞味期限が長く設定されています。

ドライタイプのドッグフードだと、長いもので2~3年も日持ちするものがあります。

そのためか、お徳用の大容量のドッグフードを購入して、食べきる前に賞味期限が来てしまったという経験をした方もいるかもしれません。

ドッグフードの劣化の原因

ドッグフードが劣化する最大の原因は、「酸化」です。

ドッグフードには多くの原料が使用されていますが、その中には「油脂」も含まれています。

油脂は肉の成分であると同時に、多くのフードには食いつきをよくするための香りづけとして、表面にコーティングされています。

油脂は光に当たることや、熱が加わること、空気に触れることなどによって徐々に酸化が進み、

劣化した成分がワンちゃんの内臓に不調をきたすことがあります。

一部のドッグフードの賞味期限が長い理由

ドッグフードの中には賞味期限が2年から3年というものもあります。

賞味期限が異常に長いことに疑問は生じませんか?

ドッグフードの原材料を見ると肉や魚も使用されているはずなのに、どうしてこんなに長く日持ちするようになっているのでしょうか?

それはたくさんの添加物が含まれているからなんです。

とくに賞味期限が長いフードには、例外なく大量の防腐剤、保存料、防カビ剤、酸化防止剤が使用されているのです。

無添加フード安心犬活のキャンペーンはこちら

開封後は早めに与えることが大切

ドッグフードは開封した瞬間から酸化が始まりますから、開封後はできるだけ早く食べきる必要があります。

ウエットフードであれば冷蔵保存をしても開封後2~3日が限界で、ドライフードであれば、開封後1か月以内が理想です。

大容量のドッグフードの場合、この条件からは完全に外れてしまいますね。

無添加フード安心犬活のキャンペーンはこちら

安心犬活をおススメするわけ

安心犬活の材料は、鶏、牛、馬、豚レバー、魚肉とバランスのいい動物性タンパク質を中心に、繊維質やビタミン、ミネラルと消化を助けるオリゴ糖、乳酸菌が配合されている、非情にバランスのいいドッグフードです。

オイルコーティングもされていないので、べたべた感はなく、脂の劣化のリスクを最小限に抑えています。

安心犬活は保存料や防腐剤や香料、着色料など、すべての化学物質を排除した完全無添加ドッグフードです。

そのため、賞味期限は9か月と短くなっています。

さらに開封後は1か月以内に食べきってもらいたいと考えているため、パッケージの容量を800グラムに設定しています。

賞味期限の短さを安心犬活の欠点とみるかどうかはユーザーさんの考え方次第ですが、個人的には、賞味期限よりも安全安心を優先したいという考えです。

ドッグフードはワンちゃんが毎日食べるものですから、添加物や質の悪いタンパク質を摂取し続けることは危険だと考えているからなんです。

無添加フード安心犬活のキャンペーンはこちら

安心犬活では初回50%オフのお得な定期コースを用意しています。

有利な定期コースを活用していただいて、ワンちゃんの元気をUPしてほしいと思います。