【安心犬活】ドッグフードを選ぶ基準は決まっている

愛犬のために、どんなドッグフードを選べばいいのでしょうか。

それこそ無数にあるフードのなかからドッグフードを選ぶのは至難の業ですよね💦💦

また、初めてワンちゃんを迎え入れた飼い主さんは、パッケージに記載された内容の見方がわからないかもしれません。

この機会に、愛犬にあったフードの選び方や与え方について知っておきましょう。

決め手は価格か、それとも品質か

ホームセンターやドラッグストアなどの買い物の際に、棚に並んでいるドッグフードのなかから、値段だけを確認して選んでいる飼い主さんも多いようですが、ここでぜひ知っておいていただきたいことがあります。

それは、量販店などで市販されているドッグフードには粗悪品が多いということです。

市販品のドッグフードには有害な「食品添加物」が含まれていたり、原材料がよくわからないこともあるんです。

日本は欧米に比べてペットフードの基準が緩いといわれています。

ペットフードは「食品」に分類されていないため、人間の食品には使用されていないような危険な保存料や添加物が含まれていたり、原材料にとんでもないものが含まれている可能性もあります。

価格だけを比べてドッグフードを選んでいる飼い主さんには、ぜひ正しい情報を得たうえで購入を判断してほしいと思います。

ライフステージ別のラインナップ

ドッグフードにはライフステージに応じた商品ラインナップがされています。

子犬、成犬、老犬、それぞれに応じたドッグフードが用意されていますので、確認して選ぶようにしてください。

子犬の時期のドッグフード

ラベルには「子犬用」「パピー」「子猫用」「キトン」「成長期用」「グロース」などの表示や「1才まで」などの年齢表示がされています。

体の成長や機能の発達のために栄養がとくに必要な時期ですが、胃が小さく少しずつしか食べられないので、少量でも効率よく食べれることを重視したフードになっています。

フードを与える際には、愛犬の成長に合わせて量を適切に増やしていきます。

成犬用フード

「成犬用」「成猫用」「維持期用」や、「〇才以上」「〇才~〇才」などの年齢表示がされている代表的なペットフードです。

総合栄養食として、加齢による変化が現れる7才前後で区切っている商品もあります。

一律に「成犬向け」のフードにこだわらず、気になる健康ポイントに応じた機能性フードやサプリメントなども与えてあげるといいでしょう。

高齢期用フード

「〇才から」「高齢期用」「シニア」「エイジングケア」などの表示がされています。

平均寿命のおよそ半分を過ぎた頃(7歳ぐらい)からが目安になります。

加齢で代謝が悪くなることに対応したものや、高齢期に衰えがちな健康に配慮した商品があります。

病気にかかりやすいとか、食欲不振などの症状が現れたときには、獣医師とも相談しながら健康状態に合ったフードを選びましょう。

オールステージ用フード

オールステージ用フードは、「全成長段階用」「オールステージ用」などの表示がされています。

基本的にどの時期でも食べさせることができます。

ライフステージの異なるワンちゃんを複数飼っている場合に便利ですが、個別に給与量の管理が必要になります。

シンプルなフードが多いので、トッピングなども楽しめます。

犬種やサイズに応じたラインナップ

犬のサイズは、雑種犬の場合であれば主に体重2〜3kg程度が超小型犬、10kg〜12kg以下が小型犬、10kg〜25kgが中型犬、25kg〜40kgは大型犬、それ以上は超大型犬に分類されています。

多くのドッグフードは、フードの粒の大きさや硬さなど、ワンちゃんのサイズによって複数のラインナップが用意されています。

安心・安全なドッグフードの選び方

ワンちゃんにとって安心安全なドッグフードの条件は3つあります。

  1. 「良質なタンパク質を使用していること」
  2. 「グレインフリーもしくはグルテンフリーであること」
  3. 「有害な添加物を使っていないこと」

動物性蛋白質の割合が高いドッグフードがおすすめ

現在は人間との生活の中で雑食になってきましたが、本来は犬は狼を祖先とする肉食動物です。

したがって犬の主食は炭水化物や穀物類ではなく肉や魚のタンパク質です。

したがって犬の筋肉や内蔵を健康に保つためには、できるだけ良質なタンパク質を与えてあげる必要があります。

そのためには、動物性タンパク質の割合が50%以上のドッグフードが望ましいといわれています。

グルテンフリーのペットフードであること

犬は肉食に近い雑食動物ですので野菜の消化は苦手であるといわれています。

また、野菜は消化することはできても「穀物」を消化することは大変苦手で、穀物を食べすぎると犬の消化器官に負担がかかってしまいます。

なかでもグルテンを含む穀物が入っているドッグフードは、消化吸収が悪いうえ食物アレルギーを引き起こしやすいといわれています。

したがって、穀物が一切入っていないグレインフリーもしくは小麦やトウモロコシなどのグルテンを含まないグルテンフリーのドッグフードを選ぶと良いでしょう。

粗悪な食材が入っていないペットフードを選ぶこと

ドッグフードのパッケージの裏面に原材料一が書いてあります。

「〇〇ミート」「〇〇肉副産物」、「〇〇粉」と書かれてあるドッグフードは避けた方が無難です。

それらは、家畜の頭、内臓、血液、内臓物、歯、羽、排泄物などや、死んでいる動物、死にかけの動物、障害を持っている動物、病気の動物など、廃棄するような部位を使っている可能性が高いのです。

そして、保存料や着色料、香料などの人工添加物も消化不良を起こしやすく、アレルギーや病気のもとになります。

これらの粗悪な食材、添加物の含まれたドッグフードは選ばないほうがいいと思います。

安心・安全なドッグフード【安心犬活】を選んでほしい

結論は、安全なフードを選んでほしいということなんですが、そこでおススメしたいのが安心犬活なんです

安心犬活をおススメする理由

まずは、安心犬活の特徴をみてみましょう。

・全犬種・全ライフステージ対応
・原材料は全てヒューマングレード
・グレインフリー(穀物不使用)
・保存料、着色料や香料などの人工添加物は一切不使用
・国産原料100%

原材料をさらに詳しく

成分はこのようになっています。

生肉(牛/鶏/馬/魚肉/豚レバー)・穀物(大麦全粒粉/玄米粉/脱脂大豆/たかきび/脱脂米ぬか)・魚粉・ヤシ粉末・いも類(サツマイモ/ジャガイモ)・煎りゴマ・ひまわり油・乳清タンパク・海藻粉末・卵殻カルシウム・脱脂粉乳・クランべりー・フラクトオリゴ糖・乳酸菌群。

すべて国産原料を使用しているというのが安心犬活の最大のウリなんです。

賞味期限の短さは新鮮であることの証明

安心犬活のマイナスポイントは賞味期限の短さです。

これは安心犬活が新鮮であることや、保存料を一切使用していないことの裏腹なのですが、安心犬活の賞味期限は製造日から9か月です。

これは未開封の場合で、開封した場合は1か月で食べきる想定になっています。

そのため安心犬活は1パック800gと小分けになっているのですが、計画的に消化していかなければなりません。

フードを変更した際などに、ワンちゃんの食いつきがよくないケースを想定すると、やや心配な面はあります。

お得な割引制度と返金制度

そこで安心犬活「初回は50%オフ」「全額返金保証付き」。

  • 通常価格:1袋800gで3,100円
  • 定期便の初回価格:1袋800gで1,500円(税別)←50%オフ
  • 定期便の2回目以降:800g×2袋で5,270円←15%オフ
  • 定期便6回以上の継続:ずっと20%オフ

このような定期購入割引が設定されています。

いきなり新しいドッグフードを試すとなると、定期購入を始めるのは不安ですが、購入回数や期間のしばりはありません。

初回購入で万が一愛犬が食べてくれなかった場合には、「完全返金保証」があります。

初回のみで辞めたい場合は、次回お届け予定日の5日前までにキャンセル連絡をすればOKです。

高価なイメージのある国産ドッグフードで、ここまで手厚いサービスがあるというのは他にはないと思います。

まとめ

いかがでしたでしたか。

ドッグフードは、ワンちゃんのサイズと年齢で選ぶのが基本です。

さらに、安心安全を目指すためのポイントは大きく分けて3つ、「原材料がヒューマングレード」「グレインフリーまたはグルテンフリー」「有害添加物不使用」です。

安心犬活はそのすべてをクリアし、添加物完全フリーも実現しています。

ワンちゃんの健康アップのため、ドッグフードの見直しをしてみませんか?


 

ぜひ、お得なキャンペーンをお見逃しなく!