【安心犬活】賞味期限と保存方法

安心犬活は評判のいいドッグフードですが、無添加ということもあって賞味期限の短さが気になるところです。

せっかくワンちゃんの健康維持のために安心犬活に切り替えても、賞味期限が過ぎてしまったり傷みが早かったりするとショックですよね。

鮮度が落ちてしまうと食いつきが悪くなったり、お腹をこわしてしまうんじゃないかと思いますし💦💦

そこで今回は、安心犬活の賞味期限について、また開封後の保存方法について解説したいと思います!

安心犬活の開封前の賞味期限

安心犬活の開封前の賞味期限は9か月となっています。

一般的なドッグフード(1~2年)と比較しても、かなり短いんです💦💦

安心犬活は賞味期限が短いため、受注してからユーザーさんに直接配送される仕組みを採用しています。

そこには、可能な限り新鮮な状態でワンちゃんに食べてもらいたいというメーカーの願いが込められているんです。

このように、賞味期限の短さは安心犬活が無添加であるがゆえの宿命なんですが、愛犬の毎日のフードとして与える場合には飼い主さんとしても工夫がいるんじゃないかと悩んでしまいます💦

でも、そんな心配はご無用です。

安心犬活は1パック800グラムの少量パッケージになっています。

この分量は小型犬でも1か月で食べきれるという設定になっていますから、毎日のフードとして与える場合にはさほど神経質になる必要はないと思います。

安心犬活は、このような考えに基づいて販売されているドッグフードなので、必ず公式サイトから購入してください。

転売など不明なルートから仕入れた商品は賞味期限が短いことがほとんどです。

もし正規ルートより安くなっていたとしても、鮮度が落ちているフードはワンちゃんの体に悪いので注意してくださいね。

無添加フード安心犬活のキャンペーンはこちら

安心犬活の開封後の賞味期限

開封した瞬間からドッグフードの酸化は始まります。

そこで安心犬活は、開封後1か月以内で食べきってほしいと考えています。

4kgの成犬の場合で、おおよそ18~20日程度で1袋を食べきってしまう計算です。

あくまで参考データなのですが、1ヶ月あれば充分食べきれる量だと考えていいでしょう。

賞味期限は袋に書いてありますが、大切なのは「商品を開封した日がいつだったか」ということですから、袋にマジックで書いておくなどの工夫をしましょう。

無添加フード安心犬活のキャンペーンはこちら

市販のドッグフードに比べて賞味期限が短いのはなぜ?

安心犬活の賞味期限は9か月。

市販のドッグフードに比べると賞味期限はずいぶん短めですが、それにはこのような理由があります。

それは人口添加物を一切使用していないから

多くの市販のドッグフードは賞味期限を延ばすために、発がん性の疑いがあると指摘されている酸化防止剤のBHAや防腐剤、防カビ剤など、たくさんの添加物を使用しています。

そんな中、安心犬活はこれらの添加物を含めあらゆる人工添加物を使っていなんです。

安心犬活は、安全で高品質な原材料を使用し、犬の健康を害する人口添加物を一切使わっていないため、賞味期限が短いというわけなんですね。

無添加フード安心犬活のキャンペーンはこちら

できるだけフードを劣化させない保管方法とは?

できるだけフードの劣化を遅くするために、以下のような工夫をしてください。

1.高温多湿を避ける
2.直射日光を避ける
3.涼しい場所におく

一度開封してしまうと、2~3か月の賞味期限があっても、フードはすぐに劣化がはじまってしまいます。

大抵の場合、冷蔵庫での保存を考えがちですが、冷蔵庫で保存するとフードの水分が物の出し入れによって結露してしまうことがあるんです。

また、長期間冷蔵庫に入れておくとフリーズドライ状態になって風味を損なってしまいますから、開封後のフードは、冷蔵庫ではなく冷暗所に保管するのがベターです。

このように、ジップロックなどの密閉容器に入れて、高温多湿の直射日光が当たらない涼しい場所で小分けにして保管しておくだけで問題ないと思います。

フードの保存にもいろいろと手がかかりますが、いつもベストな状態の食事を与えてあげたいですね。

無添加フード安心犬活のキャンペーンはこちら