【永遠の不思議】猫の目

ねこちゃんはブルー、イエロー、グリーンなど様々な目の色を持っていますよね。

子猫のうちは、ほとんどのねこちゃんの目の色は青色をしていて、やがて成長していくと、数ヵ月でイエローやゴールドなどに変化します。

目の色はメラニン色素が決める

ねこちゃんの目の色が変化する理由は、メラニン色素にあります。

生まれたばかりの子猫は、虹彩(黒眼の大きさを調節する膜の色)の表面にしか色素沈着がないため、ブルーに見えます。

成長するに従って虹彩の中にメラニン色素が沈着していくと、本来の目の色に変化していくのです。

猫が持つメラニン色素の量は遺伝によって決まるため、日光の少ない地域を原産とする猫は色素が少ない薄い色の目になり、日差しが強く温暖な地方の猫は濃い目の色になるといわれています。

左右で目の色が違う【オッドアイ】

左右で目の色が異なることをオッドアイ(odd=不揃い)といいます。

オッドアイになる原因として主に考えられているのは、片方の目にだけ色素の遺伝情報が乗らない先天性の色素異常によるものです。

どの毛色の猫にも出現する可能性はありますが、特に白猫に多く見られます。

オッドアイのねこちゃんには聴覚障害が出ることがあります。

クルクル変化する猫の目

光の量で瞳孔が変化

猫の黒目(瞳孔)は、時間や場所によってまん丸になったり細長くなったりと変化します。

瞳孔は目に必要な光を取り込む働きがあり、暗いところでは多くの光を取り込むために瞳孔が開いて大きくなり、明るいところでは細くなります。

したがって明るい場所から暗い場所へ移動したり、夜になったりすると猫の黒目が大きく変化します。

気分によっても目の表情に変化

猫の目の変化は、そのときの気分や感情を表していると考えられています。

満足しているとき…目を細める

緊張しているとき…左右の目の大きさが異なる

興奮しているとき…明るいところでも黒目が大きくなる

集中して見ているとき…目を細めたり大きくしたりして、目の焦点を合わせる

今回は2パターンのねこちゃんの目をギャラリーでお見せしましょう。

思い切り瞳孔が開いた目と、細めた目。これが同じ生物の目だとは💦💦

ほんとうに不思議ですね~。

暗闇で猫の目が光るわけ

夜行性の猫は、暗闇の中でも物体を確認できるように、網膜の外側に「タペタム」と呼ばれる、反射板の役割を持った層があります。

人間の目は角膜から届いた光を網膜で吸収していますが、猫の目は、網膜を通り過ぎた光をタペタムで反射させて、もう一度網膜に送り返しています。

ねこちゃんの目には、光の少ない環境で物を見るときに働く「杆体細胞」という組織が人間の約6倍もあるため、網膜に直接あたる光と、タペタムによる反射光とで光を増幅させることにより、暗闇の中のわずかな光でも視覚の感度を上げ、周囲を見ることができます。

暗闇の中で猫の目が光って見えるのは、人間の目にタペタムに反射した光が見えているからなんですね。