ナチュラルフードとはなにか

昨今は「ナチュラルフード」と表記されたドッグフードが多く販売されています。

「ナチュラル」とは、自然素材・天然素材を使用し、人工的な保存料や防カビ剤、香料、着色料などの添加物を加えていないこととされていますが、その実態はどのようなものなのでしょうか。

ペットフード安全法の施行

平成21年6月に「ペットフード安全法」が施行されました。

犬猫用のペットフードを対象に、ペットの健康に悪影響を及ぼすペットフードの製造や輸入、販売が禁止され、製品には製造業者名や賞味期限などの表示が義務付けられることになりました。

農林水産省はペットに有害な物質および製造等の禁止を定め、人工添加物の使用制限のチェックをおこなっていて、その情報は農林水産省のホームページで公開され、随時更新されています。

ペットフードの表記について

ペットフード安全法は、自然食品をイメージさせる「ナチュラル」「ネーチャー」「オーガニック」やこれに類似した表現について制限を設けています。

同法が定める「ペットフードの表示に関する公正競争規約」によれば、保存料や着色料などの人工添加物を使用していないものに限って「ナチュラル」や「ネーチャー」の記載が認められると原則的に規定しています。

1.「ナチュラル」表記の現実

ドッグフードとしての栄養バランスを考えた場合、食材からだけでは摂取しにくいミネラルやビタミン、アミノ酸などを添加することが一般的ですが、これらの成分を全てナチュラルな成分で揃えることは難しいことです。

したがって「公正競争規約」では、これらの栄養補給に必要な添加物に限って、ナチュラルではない場合でもその旨がわかるように併記すれば、「ナチュラル」の表記を使用することが例外的に許可されています。

2.「オーガニック」の表記は禁止

「オーガニック」や「有機」という表現は、一般的に特定の農薬や薬剤を使用していない原材料で作られていることを示すものです。

日本では、人間の食品に「有機JASマーク」の基準が設けられていますが、ペットフードのパッケージにこれらの表記をすることは認められていません。

要するに、日本の法律では「ペットフードは食品として扱われていない」という現実があるからなのです。

「ナチュラル」に神経質になる必要はないが

自然界に存在しているものを基準とした「ナチュラル」で「オーガニック」な食事こそがワンちゃんにとってベストの食事であるという意見がある一方で、自然界には細菌やウイルスなどがたくさん存在しているのだから、適切に添加物を使用したほうが安全だという意見もあります。

「ペットフード安全法」の規定では、化学的な添加物等の容量については、かりにペットが一生食べ続けたとしても大丈夫なように上限が定められているといいます。

とはいえ、添加物の健康への影響について確立したデータがない以上、少なくとも添加物フリーのフードを選びたいという要望があるのはごく自然な流れだと思います。

安心犬活/国産無添加ドッグフード

安心犬活/国産無添加ドッグフード