ビリビリ! ワンちゃんの感電事故

室内で生活しているワンちゃんの周りに電気コードやコンセントなどはありませんか?

これをワンちゃんがおもちゃだと思って、噛んでしまうと大変なことになります。

ときには脳や心臓にダメージを受けて亡くなってしまうこともあり、火災が起こることもあります。

事故の原因

原因として多いのは、電気コードなどをおもちゃと思って遊び、噛んでしまったり絶縁ゴムを噛みちぎって触れてしまうことです。

とくに何でも興味をもって噛んでしまう生後5か月〜1歳半くらいのパピーには注意が必要です。

パピーは注意してもいたずらすることをやめないことも多いので、一度注意したからといって安心してはいけません。

火事に注意!

最近のニュースでは、ワンちゃんがドライヤーのコードを噛んだことによって、電源線がショートし、そこから火花が周囲のコタツ布団に引火した事例があります。

また、充電中の携帯電話の電池パックを噛んだことによって、内部でショートが発生して高温になり、周囲の布団に燃え移った事故が報告されています。

対策について

可能であれば、犬の届かない場所にコンセントを設置することがもっとも有効な対策です。

ケーブルをカーペットの下にはわせたり、家具の裏に貼り付けたりするといいでしょう。

でも、すでに設置されているコンセントを動かすのは難しいですよね。

そんな場合は、電気コードにカバーをつけるのがおすすめです。

家電量販店やホームセンターなどで購入できるので、一度検討してみてください。

たとえば、このような簡易なものでも、ワンちゃんの悪戯に効果があるのではないでしょうか。

また、使わない電化製品はプラグを抜いておくことも重要です。

留守の場合には、ワンちゃんをケージの中にいれるようにし、電気コードがある部屋に入れないようにしましょう。

携帯電話など、噛まれる可能性がある電化製品は室内に放置しないようにしましょう。

使わない電気製品の差込プラグは抜いておく、外出する場合はワンちゃんをサークルに入れるなどの工夫や、引火を防ぐために、なるべく室内に燃えやすいものを置かないようにするなどの対策をとってくださいね。

もしワンちゃんが感電したら

症状

電源の近くでぐったりしていたり、コードを噛んだ口の中などに局所的に火傷が見られたりする場合があります。

また、電撃により微細血管が傷つき、肺の中の肺胞という組織に水が溜まってしまった結果、肺水腫になることがあります。

重症の場合には呼吸困難や不整脈、痙攣や硬直、意識障害などの症状が出て、ショックや心停止を起こすこともあります。

感電しても、すぐに症状が出ない場合もあるので、しっかり様子を観察しましょう。

応急処置

犬が感電してしまった場合は、すぐに触ってはいけません。

もし犬が失禁などをしていたら、それにも触れないようにしましょう。

飼い主さんが感電してしまう恐れがあります。

まずは落ち着いてブレーカーを落とし、電源コードをコンセントから引き抜きます。

ゴム手袋やプラスチック製品などの絶縁素材のものを使ってワンちゃんを横向きにさせ、鼻と口に手をあてて、息をしているかどうかを確認しましょう。

その後は急いで病院へ連れて行ってください。

病院での治療

病院では軽症の場合には火傷を中心に、抗生物質や抗炎症剤の投与など症状にあわせた治療をおこないます。

まとめ

犬の感電事故は少なくありません。

とくに子犬のように好奇心の強い時期だと、電化製品にいたずらしたり、電気コードを噛みちぎったりして感電することがあります。

ゲーム機やスマートフォンの充電器、ドライヤーなどは、使わないときはプラグを差し込んだままにしておかないようにしましょう。

何でもかんでも噛んでしまうパピーがいるご家庭では、感電事故を起こさないように、複数の人間の目で観察するのがポイントです。

ご紹介したもののほかにも、いろんな便利グッズがありますから、それらも活用して感電事故を防止しましょう。

 

感電事故も保険の対象になります。転ばぬ先の杖。

ぜひ比較サイトでペット保険を検討してみてください。