真夜中のねこの大運動会

就寝前や、夜中に狂ったような大運動会を始めるねこちゃん。

ねこはどうして夜中に大暴れするのでしょうか?

今回はねこが室内で暴れる原因と対策についてお伝えします。

夜中に暴れる原因

それまでおとなしくしていたねこが、突然スイッチが入ったように暴れ始める現象を「真空行動」といいます。

真空行動は蓄積されたエネルギーが溢れそうになると、一気に発散させる状態です。

夜の大運動会が始まる原因はいくつかあります。

1.野生時代の名残

野生時代のねこは夜行性で、暗くなってからハンティングに出かけていました。

ねこの体は、本来夜の狩りのために、昼間の間に休息してエネルギーを蓄えるメカニズムになっています。

ところが、ペットとなったねこはせっかく昼間にエネルギーを蓄えても、発散させる機会がないため、体を持て余してしまっているのです。

2.ストレスのため

ねこちゃんは規則正しい生活を好み、環境の変化を嫌います。

引越や部屋の模様替え、赤ちゃんの誕生など、大きな環境の変化だけでなく、生活のちょっとした変化がストレスになって問題行動が目立つようになります。

3.模擬的な狩猟行為

大運動会は、ねこが先祖がえりをして狩猟行動を起こすためだとも考えられます。

周囲に獲物や敵を探してパトロールを始めてしまい、その流れでなにかのきっかけで興奮がつのり、暴れ始めるといった図式です。

ねこを落ち着かせる方法

興奮して暴れるねこは、飼い主さんでさえ少し怖く感じてしまうほどの状態になることがあります。

そのような場合でも闇雲に叱るのではなく興奮させない工夫をしましょう。

1.遊ぶことでエネルギーを発散させる

猫じゃらしなどのおもちゃを使って、ねこちゃんの溜まったエネルギーを思いきり発散させてあげましょう。

ねこは瞬発力に優れた動物です。

短時間でも激しい運動をすれば筋肉に乳酸がたまり、その働きで眠気を誘う効果があります。

2.ストレスの源を発見して取り除く

ストレスの原因を見つけるのはなかなか難しいと思いますが、まずはねこちゃんがリラックスできる環境をつくってあげましょう。

ねこちゃんは、俯瞰で部屋全体を見渡せる高い場所や、外の景色が見える場所を好みます。

3.生活リズムを人間に合わせる

夜行型のねこちゃんの生活習慣を朝型に近づける工夫をしましょう。

日が暮れたら部屋の照明を落として少し暗くしてみましょう。

夜中まで強い照明を点けたままだと、体内時計の夜型はそのまま変わりません。

視覚と聴覚に強い刺激を与えるテレビは消した方がいいでしょう。

病気の可能性もある

異常な興奮が続くようであれば、病気の可能性もあります。

甲状腺機能亢進症や副甲状腺機能低下症のような病気を患っていると、夜中に暴れまわる異常行動がみられる場合があります。気になるようなら健康診断を兼ねてかかりつけの獣医さんに相談してみてください。

まとめ

夜中に暴れるねこちゃんのせいで部屋中の物が散乱したり、飼い主さんが寝られないといったトラブルをよく耳にします。

興奮した勢いで噛みついてきたり、引っかかれた経験のある飼い主さんもいると思います。

叱っても言うことを聞くことはないので、これもねこを飼育するうえでの宿命だと諦めて、根気よく興奮の元を取り除いていくしか対処の方法はありません。