ねこちゃんの家庭内の事故

ペットヘルスケア

ねこちゃんは、ひとりで過ごすことも得意で、お留守番中も自由気ままにお昼寝や日向ぼっこをして過ごしています。

でも、自由に室内を動ける猫ちゃん達だからこそ起こりえるケガや事故には注意しましょう。

爪折れ事故に注意

ねこちゃんの爪はワンちゃんと違い、普段は肉球の隙間に収納されていますが、いざ爪を立てたときに、室内の色々な所に引っかけてしまうことが多いのです。

とくに多いのがレースのカーテンやソファなどの布製品です。

爪をとごうとしたり、飼い主さんとじゃれて遊んでいるときに引っかけてしまう場合もあります。

ねこちゃんの爪の中には血管が通っているので、爪が折れてしまうと、血管が露出して出血してしまうことがあります。

もちろん痛みも伴います。

対策としては定期的に爪切りをおこなう、または、お留守番時など目を離すときは、布製品を片付けておいたり、カバーをかけておくなどの対策があげられます。

カーテンについては、ちょっと困りますが💦

万が一出血してしまった場合でも、止血すればほとんどは大丈夫です。

根元から折れてしまって出血が止まらない重症の場合には、慌てずに動物病院で処置してもらいましょう。

誤食・誤飲にも注意

好奇心旺盛な性格の猫ちゃんに多いのが誤食・誤飲トラブルです。

誤食はビニールやひも状の異物が多いようです。

なにしろ、ねこちゃんはカサカサ、くにゃくにゃしているものが大好きです。

ビニールひもを飲み込むと、腸管を閉塞させてしまう可能性があるので注意が必要です。

もっとも危険なのが、乾電池の誤飲です。

アルカリ乾電池は誤飲した場合、口内などが激しくただれて火傷症状が出たり、中毒症状が出るなど、命に関わる重大な症状を引き起こします。

それでも、すぐに誤飲に気がつけばいいのですが、気がつかずに数日見過ごしてしまうと大変危険です。

普段、元気なねこちゃんが嘔吐したり、ぐったりするなどの症状を発見したときは、周囲を見渡して、あったはずの乾電池がなくなっているなどの痕跡を探してください。

乾電池を誤飲した痕跡を見つけたら、すぐに病院に行きましょう。

乾電池は内視鏡や開腹手術で早急にとり除く必要があります。

やけどをしたら

冬はストーブなどで毛が焦げてしまったとか、ホットカーペットでお腹を低温火傷してしまったという話もときどきi耳にします。

もっとも、軽度のやけどであれば、さほど慌てる必要はありません。

動物病院で処方される軟膏や抗生剤で完治する場合がほとんどでしょう。

自宅内でとくに注意したいのはキッチンです。

以前聞いた話ですが、何かの物音に驚いた猫ちゃんがパニックを起こし、暴れた拍子にコンロにかけていた鍋が落下して、飼い主さんもろとも火傷を負ってしまったケースがありました。

できるだけねこちゃんはキッチンに入れないようにして、キッチン事故を防ぎたいですね。

 

転ばぬ先の杖、ねこちゃんの万一のケガや病気を補償してくれるくれるペット保険を検討してみませんか?

資料を一括請求できるサイトをご紹介しますので、ぜひご検討くださいね。



タイトルとURLをコピーしました