最適な犬の食器の高さを解説

スポンサーリンク
グッズ紹介

愛犬の食器はどれぐらいの高さに置いたらいいのでしょうか。

あまり深く考えずに、床にボウルを直置きして与えている飼い主さんも多いと思います。

しかし、首を下げて食べると誤飲をしやすく、肺炎を引き起こす恐れもあります。

また、シニア期になると胃からの逆流を防ぐ括約筋の筋力が弱くなるので、食事が逆流しやすくなります。

もし愛犬が食事の際にむせかえるような様子があれば、食器の高さに問題があるかもしれません。

大型犬の食器を直接床に置くことはおススメできない

床上に直接置いてある食器からフードを食べようとすると、犬は首を下げなければなりません。

食欲のある犬が勢い良く食べると、フードと同時に空気を飲み込みやすく、むせることが多くなります。

大型犬はかなり頭を下げる姿勢になり、ブルドッグやパグのような短頭犬種の場合は、マズルごとフードボウルの中に突っ込むような形になるので、水やフードのかけらを鼻から吸い込んでしまう恐れもあります。

あるいは、食事のたびに頭を下げる姿勢を続けることによって、首や脊椎、前脚や背中に負担がかかり、ヘルニアや腰痛を引き起こす危険も考えられます。

適切な食器の高さは

一般的に四肢でまっすぐ立った状態から口をやや下に下げた位置が、最も食事に適した高さです。

その犬の胸元あたりの位置に食器の口がくると食べやすいようです。

ただし、最適な位置や高さは体の大きさだけでなく、マズルの形状によっても異なります。

短頭種は低い位置に置かれた食器から食べようとすると喉が圧迫されやすいので、やや高めに設定し、底が浅く丸くなっているなど、より食べやすい工夫が施された食器を選ぶようにしましょう。

食器台を使ってみよう

正しい高さで食事をするためには、食器を置くための台やテーブルを利用するといいでしょう。

最近は犬の食器台がたくさん販売されています。

高さや形状はさまざまなので、愛犬に最適なものを選んであげることができるでしょう。

食器台を使用するメリットは、何より犬が食事を摂りやすいことですが、そのほかにもいくつかメリットがあります。

できるだけ安定感のあるものを選んでくださいね。

衛生状態がよくなる

犬が水や食事を飲み込むとき、犬の口からこぼれて床に落ちることがあります。

食器が床にある場合は犬が飲み込む際に顔を上に向けるため、必然的にフードが床にこぼれやすい状況になります。

しかし、食器台を利用すると顔を上げる必要がないので床を汚すことが少なくなります。

また、犬が食べこぼしを食べるなどの不衛生な状況を避けることができます。

巨大食道症対策

巨大食道症(食道拡張症)になると、食道部分の拡張や食道の動きに障害が生じます。

犬が食事をした時に吐き戻してしまうことがあり、重度の場合は呼吸困難の危険性を高めます。

巨大食道症を発症している犬には、吐き戻し防止のため高い位置で食事を摂ることができる食器台の使用が有効です。

気管の弱った老犬対策

加齢によって気管の筋力が弱っている老犬にも食器台がおススメです。

高い位置から食事や水を与えると、重力で消化器官に流し込むことができるので、食事中に頻繁にむせてしまう症状を軽減する効果が期待できます。

関節炎対策

食事を床に置くと、関節炎や肢や股関節に疾患がある犬は頭を下げる姿勢をしなければいけないので大変苦痛です。

関節炎対策としても、立位で姿勢を変えずに食事ができる環境が好ましいでしょう。

まとめ

愛犬の毎日の食事について、フードの内容はともかく、食器の位置や高さについてあまり気を配っていない飼い主さんも多いと思います。

しかし、食器の位置が適切でないと、吐き戻しや食欲低下の原因になるだけでなく、ヘルニアや腰痛、胃捻転などの病気やトラブルを引き起こしてしまうことも考えられます。

愛犬の健康や食事の快適性のために、ぜひ一度食器の高さについても見直してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました