食欲の秋だけでない犬の食欲の変化を解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

猛烈な暑さが緩み、少し涼しくなりはじめる季節の変わり目。

人間もそうですが、こうした季節の節目は動物にも体調の変化が現れやすいものです。

体調不良が長く続くと、疲れが抜けずにその後の健康状態に影響を与える場合もあります。

秋に食欲が増進するのが本来の犬の姿

野生環境において、これから寒さが厳しい季節が訪れる時期というのは、毎日の食事に困る生活が始まるというサインです。

このような厳しい季節を乗り越えるためには、その前にたくさんの食べ物を摂取して脂肪を蓄えなる必要があります。

したがって、秋になると犬は本能的に食欲が増進します。

秋に体調を壊す原因

季節の変わり目は、人間だけでなく動物にもさまざまな不調を引き起こします。

個体差があるので必ずしも不調になるわけではありませんが、とくに免疫が低めの子犬や老犬が体調を崩しやすいといわれています。

夏バテと気温の変化

夏の暑さは犬達に想像以上のダメージを与えています。

室内はエアコンで室温が管理されていても、朝夕の散歩など外気と室内の気温差で体力を消耗しているはずです。

天気によって気温が変動しやすく、一日を通じても寒暖差があるのが秋の気候の特徴です。

そのため、夏の暑さによるダメージは暑い季節を過ぎてもすぐには回復せず、その後数週間~数か月にわたって不調が長引くことがあります。

便秘や軟便といった症状のほか、オヤツは食べるのにドッグフードを食べなくなるというのも夏バテの兆候です。

気圧の変化の影響

秋雨前線が停滞すると雨の日が続いて気圧が下がり、台風が活発になる時期でもあります。

雨や台風がもたらす気圧変動が犬の不調を引き起こす原因になります。

気圧の高下による血圧の変化や、交感神経や副交感神経のバランスが悪くなる、いわゆる自立神経の乱れを引き起こします。

メス特有の食欲減退現象

秋口の時期のメスは食欲が減退しがちになりますが、これは一種の生理現象です。

その理由はこの時期が繁殖期にあたるからです。

犬は妊娠後、出産、育児の期間に日ごろの倍以上の食事量を必要とするので、繁殖時期には一旦食欲が減退するのです。

夏バテの愛犬は焦らずに少し様子を見てみる

夏を過ぎてから、愛犬に元気がない、散歩に行きたがらないなどの異変がみえる場合は、しばらく様子を見守りましょう。

夏バテのせいで食事量を減らしている犬もいると思いますが、いきなり食事を多めに与えるのはよくありません。

夏バテで内臓が弱っているところに、急激に食事を増やすとそれが負担になることもあります。

その結果、消化不良で嘔吐や下痢を引き起こしてしまうかもしれません。
とくに、シニア犬は内臓の働きが衰えているので、あまり負担をかけないようにしましょう。

夏バテの症状がある愛犬には、季節が変わって過ごしやすくなることで、自然と体調が回復に向かうことがあるので、無理をさせずに愛犬のペースに任せてあげることも必要です。

まとめ

飼い主さんに注目してもらいたいのが、秋になってからの愛犬の飲水量です。

夏場はたくさん水を飲んでいた犬も、少し涼しくなると喉の渇きが少なくなり、積極的に水を飲まなくなる場合があるのです。

水を飲まないと、体のなかに溜まった老廃物をオシッコとして出しにくくなってしまいます。

愛犬の健康のためには、季節の変わり目に限らず一年を通して適度な水分補給とバランスのいい食生活を心がけてくださいね。

激安ドッグフードの危険な添加物を解説
市販のドッグフードの値段はピンキリで、どれを選んだらいいのか迷ってしまいます。 いろんな商品があるなかで、安いドッグフードは家計を預かる身としては大きなメリットですが、メリットの裏には当然デメリットもあるように思います。 量販店...
タイトルとURLをコピーしました