ベルジアングリフォンの特徴とかかりやすい病気を解説

スポンサーリンク
犬とねこ

ベルジアングリフォンはブリュッセルグリフォン、プチ・ブラバンソンとルーツを同じくする兄弟犬種です。

これらの3つの犬種について、日本では2002年まで「ブリュッセルグリフォン」で統一されていましたが、原産国ベルギーとFCI国際畜犬連盟の方針によって別々に扱われるようになり、日本でもそれに準じることになりました。

日本では珍しい犬種ですが、飼い主さんを慕う人間のような表情が愛くるしい犬です。

ベルジアングリフォンの歴史

ベルジアングリフォンの祖先犬はベルギーに15世紀頃から確認されていて、現在でもベルギーではよく知られた人気の犬種です。

ベルギー土着の「グリフォン」と名が付く犬たちやアーフェンピンシャーが基礎になって確率されたと推測されています。

当初は食物を荒らすネズミを捕獲する小さな猟犬として一般家庭で飼われていました。

その小さく可愛らしい姿から、次第に上流階級の家庭でも飼育されるようになり、フランスのマリー・アントワネット王妃に愛されたことから一気に有名になりました。

その後、グリフォン種は茶系の被毛のものを「ブリュッセルグリフォン」、短毛のものを「プチ・ブラバンソン」、黒毛のものを「ベルジアングリフォン」と区別して呼ぶようになり、原産国のベルギーではこれらをすべて別の犬種として扱うことになりました。

ベルジアングリフォンの性格

陽気で明るい性格で、飼い主さんに忠実です。

頑固な一面があるものの、物覚えがよいため、根気強く接すればしつけることができます。

活発ですが、攻撃的なところが少なく、ほかの犬と遊ぶことも大好きです。

友好的な来訪者にはすぐに慣れてしまうので、家庭犬には最適ですが番犬としてはあまり役に立たないでしょう。

ベルジアングリフォンに非常に多い病気

軟口蓋過長症

軟口蓋過長も短頭種に多い呼吸器疾患です。

上あごの奥の部分にある軟口蓋が普通より長く、気道をふさいで息がしにくくなる病気です。

減量プログラムで経過を観察するケースもありますが、根本治療としては、外科的に軟口蓋を切除する方法を選択します。

拡張性心筋症

心臓の筋肉の収縮力の低下によって血液を全身に送る力が弱まる病気です。

初期症状はありません。

重症化した場合、不整脈や肺水腫などの心臓や呼吸器の症状が出始めます。

症状が出た段階ですでに重症になっている場合が多いので、定期的な健康診断による早期発見が望まれます。

治療は主に内科療法で、血管拡張薬や強心剤、むくみを取るための利尿剤が処方されます。

膝蓋骨脱臼

後脚の膝の骨が、大腿骨のくぼみから外れる(脱臼する)症状で、小型犬種によく見られます。

オスよりもメスの発症例が多く、膝関節周辺の筋肉や靭帯の先天的異常が原因で発生するといわれています。

軽症の場合は飼い主さんが気づかないことも多く、小さな脱臼を繰り返して関節炎を発症したり、悪化すると骨が変形してしまう場合があります。

スキップするような動きや、足を引きずる、遊んでいて急に鳴いて痛がるなどの症状を見つけたら、すぐに獣医さんに相談して治療を開始しましょう。

難産

病気ではありませんが、ベルジアングリフォンは難産な犬種であることが知られています。

頭が大きいために出産に時間がかかり、出生直後に呼吸不全で亡くなってしまったり、出産途中で死産となるケースがしばしばあるため、帝王切開を選択する場合が多いようです。

まとめ

 

ベルジアングリフォンは、運動量はそれほど必要ありませんが活発な犬種なので、朝夕の散歩は欠かさずにおこないましょう。

飼い主さんとの触れ合いを好むため、家の中で引っ張りっこをしたり、おもちゃを使ったゲームをしたりして、精神的な満足感を与えてあげると喜びます。

被毛は粗い中長毛です。

被毛が絡まりやすいので、週に2~3回はブラッシングで整えましょう。

また、ベルジアングリフォンは冬の寒さが苦手です。

寝床に毛布を敷いたり、洋服を着せるなど寒さ対策を万全にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました