犬はオスよりもメスの値段が高い理由を解説

スポンサーリンク
グッズ紹介

ペットショップやブリーダーサイトを見ると、オス犬と比べてメス犬が極端に少ないことに気がつきませんか?

また、同じ犬種でもオスよりもメスの値段が高いのが一般的ですが、それには理由があります。

今回は、オス犬よりもメス犬の値段が高い理由について解説していきます。

犬はなぜオスよりもメスの値段が高いのか

子どもを産むから

メスにしかできないのが妊娠・出産というイベントです。

愛犬を本当の子供のように考えている飼い主さんにとって、愛犬の子どもは孫になり、その次の世代はひ孫と、あたかも自分の家族が増えていくように感じることができます。

また、血統書付きの犬であれば、産まれた子犬を高額で譲渡することも可能です。

このような経済的な理由も、メスが人気となる理由のひとつでしょう。

出生数が少ないから

人間の場合も男性と女性では男性の方が多く生まれます。

犬の世界でも犬種によって多少の違いはあるそうですが、メスの出生率は低いそうです。

必然的にメスに希少価値がつき、個体数が少ない分だけ価格が上がります。

市場に出る個体数が少ないから

絶対的にメス犬の個体数が少ないことに加えて、ブリーダーさんが次の繁殖のために手元にメス犬を残すことが多いため、市場に出る数が少なくなります。

小型犬が好まれるから

住宅環境や単身家庭が多いことなどから、日本で飼育される犬は小型犬が主流です。

小型犬はワンルームでもストレスなく飼育することが可能で、散歩やトリミングサロンに連れて行く場合や、自宅でのブラッシングやシャンプーも手間が少なくてすみます。

食餌代も体のサイズに比例してコストが増えていくので、経済的な要因も大きいでしょう。

また、日本のペットオーナーは、体格が小さくいつまでも子どものような可愛さをペットに求める傾向があります。

多くの哺乳類は、オスよりもメスの体が小さいという傾向がありますが、犬も同様の傾向があるため、見た目の小柄さからメスの人気が高まるようです。

おとなしい性格の犬が多いから

オス犬は縄張り争いや順位争いなどをおこなう気持ちが強く、マーキングや遠吠えなど、オス特有の行動が好まれない傾向があります。

全ての個体に当てはまるわけではありませんが、メス犬は落ち着いていてしつけもしやすく、マーキングなどの問題行動もありません。

メスは初心者にも飼育しやすいといえるでしょう。

メス犬を飼育する際の注意点

繁殖の予定がなければ避妊したほうがいい

メス犬は一定の年齢に達すると「ヒート」(発情、生理)を迎え、妊娠・出産の準備が整います。

最初のヒートを迎える時期は、小型犬で生後6~8か月大型犬が生後8~12か月中型犬はその中間あたりとされています。

メス犬は一般的に性格が穏やかで飼いやすいといわれていますが、発情時期には気性が荒くなることがあります。

避妊手術はヒートによる犬の欲求不満の軽減だけでなく、子宮蓄膿症や乳腺腫瘍などのメス特有の病気予防に大きく役立つことが知られています。

したがって、健康リスクを考えた場合、愛犬を妊娠させる予定がないのであれば避妊手術をしておいたほうがいいと思います。

避妊費用

メスの避妊手術はオスの去勢手術よりも費用が高く、一般的な相場で比較するとこのような違いがあります。

オスの去勢手術 2〜3万円
メスの避妊手術 3〜5万円

まとめ

今回は犬のメスの値段が高くなる理由を紹介しました。

メス犬人気の多くの理由は、飼育環境を原因とする体型や性格の違いにあるように思います。

しかし、オスとメスの性質にはそれぞれ傾向があるにしても、個体差があるのが犬を飼育する際の楽しみのひとつではないでしょうか。

したがって、外見の可愛さや表面的な飼いやすさよりも、なによりも健康かどうかを判断基準として犬をお迎えすることが重要だと思います。

タイトルとURLをコピーしました