ブルドッグの特徴とかかりやすい病気を解説

ペットヘルスケア

強面なのに、愛嬌抜群で私たちを和ませてくれるブルドッグは、家庭犬として根強い人気の犬種です。

ずっしりとした体格と強そうな見た目から怖い犬と思われがちですが、とても人間好きで愛らしいワンちゃんです。

ブルドッグの歴史

ブルドッグの起源は13世紀から18世紀にかけてイギリスで流行した、「ブルベイティング」という見世物のために、マスティフ系の犬種を改良したのが始まりです。

ブルドッグの体型は、牛に噛みついても呼吸ができるように口吻は短くなり、牛の角による攻撃をかわすために脚は短く皮膚はたるみ、牛に振り落とされないように首が短くなっていきました。

当時ブルドッグは体重が60㎏近くあり、性格も獰猛だったといわれています。

しかし、1835年に動物愛護の観点からブルベイティングが禁止されると、ブルドッグの存在理由がなくなり、一時絶滅の危機を迎えてしまいます。

そこで一部の愛好家たちが犬種の存続のために立ちあがり改良をすすめると、怖そうな表情ながら、穏やかでやさしい現在のブルドッグが誕生したのです。

ブルドッグの性格

ブルドッグは温厚で、いつも飼い主の傍にいたがる甘えん坊です。

子どもがいる家庭や多頭飼いでも仲良く生活することができ、初めて会った人とも仲良くできます。

ただし頑固な一面を持ち合わせていますので、しつけについては時間をかけて付き合いましょう。

ブルドッグに非常に多い病気

代表的なブルドッグの病気は、皮膚病、チェリーアイ、呼吸器障害の3つで、ほとんどすべてのブルドッグが、生涯のうちにいずれかの病気にかかるとさえいわれています。

皮膚病

ブルドッグの体は皮膚がたるんでしわになっていて、しわの間に細菌が発生して皮膚炎を起こしているケースが多いです。

定期的に体を拭いて、しわの間に皮脂や水分がたまらないように清潔に保ちましょう。

チェリーアイ

目頭にある瞬膜という膜が赤くはれて目の外に脱出してしまった様子が、さくらんぼうのような形状を示すことからつけられた病名です。

遺伝的な素因が強く、膜や角膜に炎症が起こり、ひどくなると視覚障害や失明の恐れがあります。

早めに動物病院を受診して塗り薬や目薬などでの対策をしましょう。

再発が多い病気で、状態が悪い場合は外科的措置がとられるケースもあります。

鼻腔狭搾症

先天性の病気で、鼻の穴が狭いことにより呼吸が苦しくなる症状を呈します。

グーグーといびきをかいて寝る姿は微笑ましくもありますが、呼吸がしづらく苦しい状態がないかどうか、日常的にチェックしてください。

いびきがひどいときや、散歩帰りにひどく呼吸が荒くなるなどの様子がみられたら、一度動物病院を受診されるといいでしょう。

先天性のために事前の処置はできませんし、対策は手術のみとなります。

そのほかに気をつけたい病気

股関節形成不全

大型犬に発症率が高い股関節の異常です。

遺伝性の傾向が強く、生後6か月くらいから症状が出始め、股関節の発育や成長に異常が発生します。

肥満の犬は重症化しやすいので、食事量や運動に気をつけて体重オーバーにならないようにすることである程度の対策ができます。

熱中症

ブルドッグはとても暑さに弱い犬種です。

夏に限らず、室内の温度調整に気を配っていただくとともに、湿度管理も重要です。

暑い時間帯の散歩を避け、地面が冷えてから散歩に出るなど気をつけましょう。

おまけ ブルドッグの出産

ブルドッグは体に比べて頭が大きいという特徴があり、100%必ず帝王切開での出産になります。

ブルドッグの出産は危険が伴うことを知っておきましょう。

まとめ

ブルドッグは食欲旺盛で肥満になりやすい犬種です。

食事やおやつの与えすぎに注意して、頑張って1日30分程度のお散歩を2回する習慣をつけましょう。

ただし運動のさせすぎは禁物です。

家族と一緒に行動するのが好きな犬種なので、なるべく留守番時間は短くしてストレスなく生活できるようにしましょう。

安心犬活が今だけ初回半額!

安心犬活】健康フードで愛犬の健康寿命を延ばす

タイトルとURLをコピーしました