自動車保険でペットの補償が受けられる範囲を解説

スポンサーリンク
ペット保険

自動車保険や火災保険には、ペットの補償を受けられる特約が用意されています。

今回は、自動車保険を活用して、どんなときに、どんな範囲でペットの補償が受けられるのかを解説します。

自動車保険の契約内容を知らない人は損をする

加入している自動車保険の契約内容をチェックしてみましょう。

とくに確認しておきたいのは個人賠償責任保険(特約)の部分です。

もし内容を知らないでいると損をしてしまうかもしれません。

同乗ペットの補償

一部の自動車保険には、自動車に同乗していたペットがケガをしたときや死亡してしまったときに治療費用や葬祭費用が保険金として支払われる特約が用意されています。

補償の対象となるのは基本的に犬またはねこです。

ただし、治療費の上限額が設けられていて、一般的には最大10万円などの設定がされているケースがあります。

ペットによる傷害補償

ペットの犬が他人にケガをさせてしまったという事態も考えられます。

そのような場合には、自動車保険の特約が役に立つ場合があります。

個人賠償責任保険(特約)とは、自動車のトラブルのほかに、日常の生活で他人にケガをさせたり、他人のものを壊して損害賠償責任を負った場合に備えるための保険です。

ペットが他人にケガをさせてしまったり器物を破損した場合のほかに、自転車で歩行者にぶつかってケガをさせてしまった、マンションで漏水を起こして下の階の部屋に損害を与えてしまった、お店で棚からガラス商品を落として割ってしまったという場合にも補償を受けることができます。

火災保険にもペット特約が設定されている保険商品があります。

ペットが他人に損害を与えてしまった場合のほか、ペットが原因の火災については故意や重大な過失が認められなければ火災に対する保険金が支払われます。

ペットの治療費を補償してくれるのはやはりペット保険しかない

しかし、自動車保険ではペットが病気になった際の治療費は保証してもらえません。

病気やケガで通院、治療が必要な場合を想定すると、やはりペット保険に加入しておきたいところです。

ペット保険に加入しておけば、通院、入院、手術費用の50%~70%の保険金を受け取ることができます。

加入している保険料金を上手にコントロールしよう

損害保険にはさまざまな特約が準備されていますが、注意しておきたいのは補償が重複してしまうケースです。

自動車保険にペットに関する特約があるように、ペット保険にも事故の補償などの特約が含まれている保険商品があります。

重複して契約していても、保険金を二重三重に受け取れるわけではなく、実際の損害賠償額までしか支払われません。

したがって、もし重複に気がついた場合は、保険金額が大きいものや示談交渉サービスがついているものを優先して1つだけ残すようにしましょう。

まとめ

自動車保険には、自動車事故で同乗したペットに補償を受けられる特約があります。

また、ペットが他人をケガさせてしまったり、他人の物を壊してしまった場合にも、自動車保険や火災保険が役に立ってくれることもわかりました。

もしもの場合は、ぜひ上手に活用したいものです。

その一方で、自動車保険は通常のペットの病気やケガには対応していないこともわかりました。

特約が重複しないように、保険の内容を確認して不要な有料特約をカットするなど、保険料の見直しをしておくことをおススメします。

 

タイトルとURLをコピーしました