知っておいて損はないねこの血液型を解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

ねこには3種類の血液型があり、A型、B型、AB型に分類されます。

多くのねこはA型で、猫種によって傾向が分かれますが、AB型は非常に少ないそうです。

ねこの血液型はどのように決まるのか

人間の血液型とは違って、ねこの血液型は(A>AB>B)の順でA型の遺伝子が最も強く、その力関係から子どもの血液型が決まります。

両親の血液型の組み合わせによって子どもの血液型はこのように決まります。

①A型の子ども⇒両親の血液型(A+A)(A+B)(A+AB)
②AB型の子ども⇒両親の血液型(AB+B)(AB+AB)
③B型の子ども⇒両親の血液型(B+B)

アメショーはほとんどA型、日本ねこは多くがA型

ねこの血液型の多くはA型です。

日本の雑種ねこは、A型(80~90%)、B型(10~20%)で、AB型はほとんどいないといわれています。

純粋種でも、特有の血液型の傾向がありますが、AB型はごくまれに報告があるのみです。

ほとんどA型のみ

アメリカンショートヘア、シャム、トンキニーズ、バーミーズ、オシキャット
オリエンタルショートヘア、ロシアンブルー

15~30%程度がB型

アビシニアン、ソマリ、ペルシャ、エキゾチックショートヘア、ヒマラヤン
スコティッシュフォールド、バーマン、スフィンクス

30%以上がB型

ブリティッシュショートヘア、デボンレックス、コーニッシュレックス

ねこの血液型の調べ方

国際的に承認されている血液検査の検査キットがありますが、一般的には別の方法で確認します。

多くの動物病院では採血をし、病院に所属している供血用のねこの血液と混ぜ合わせて凝固するかどうかをみる「クロスマッチ検査」で血液型を確認しています。

A型の血液と混ぜて凝固すれば、おそらくB型(まれにAB型)ということになります。

血液型がわかるとどんな効果があるのか

ケガや病気の際の輸血のため

大きなケガや病気の際には、輸血が必要になるかもしれません。

アメリカではペット専門の血液バンクが存在しますが、残念ながら日本にはそのような組織はありません。

そこで、日本国内の動物病院では供血用の犬ねこを飼育していることが多く、輸血が必要になれば、これらの犬ねこから血液をもらうことになります。

血液が足りない場合は、ほかの病院に協力を依頼するか、ボランティアで輸血をお願いすることもあるそうです。

人間の場合と同様に、異なった血液型の血液を輸血すると副作用が発生します。

とくに、B型のねこにA型の血液を輸血すると非常に強い拒絶反応(急性溶血反応)を起こし、命の危険を伴います。

ねこの多くはA型の可能性が高いですが、もし愛猫がA型以外の血液型の場合、ドナーを事前に把握しておかないと、輸血が間に合わないケースも考えられます。

新生児溶血の防止

不適切な交配をおこなうと、新生児溶血を招く可能性があります。

母ねこがB型で子どもがA型の場合や、母ねこがB型で子どもがA型もしくはAB型の場合に、子どもが母乳の初乳を飲むと溶血反応が起こり、数日で死に至ることがあります。

したがって、事前に父母の血液型を調べ、危険な組み合わせの交配を避けることが必要です。

なお、このような組み合わせで出産した子ねこについては、母ねこからすぐに離して人工乳を与えれば溶血反応を起こすことはありません。

ただし、初乳を飲まないということは、さまざまな病気に対する免疫がつかないということになります。

したがって、初乳を飲まなかった子ねこは、通常よりも早めに各種ワクチンを打つ必要があることを知っておきましょう。

まとめ

事故やケガによる大量出血や手術、重度の貧血になったときには輸血が必要です。

ねこには人間の血液バンクのようなものはなく、動物病院でも血液の確保は大変です。

そこで、動物病院では供血犬、供血猫を募集し、輸血が必要な際に協力してくれるように呼びかけています。

とくに希少なB型やAB型の血液型の場合は、供血猫の登録が増えると大変助かるそうです。

興味のある飼い主さんは愛猫の血液検査をするとともに、ボランティアとして協力できるかどうかについても、獣医師さんと相談してみてください。

タイトルとURLをコピーしました