【猫厳禁!】食べると危険な植物を解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

室内でねこちゃんを飼育するご家庭で観葉植物を置いているケースもあるでしょう。

ひょっとすると、そのなかには愛猫にとって有害な植物があるかもしれません。

実はねこにとって有害な植物は700種類以上もあるといわれています。

間違って食べてしまうと死亡してしまう危険な植物もありますから、飼い主さんは充分に注意してくださいね。

ここでは危険な植物の一部を紹介します。

危険な観葉植物

最も危険なユリ科の植物

ねこがユリ科の植物を誤食すると死亡する場合があります。

ユリ科の植物の代表格はユリ、スズラン、チューリップ、ヒヤシンス、万年青などです。

観葉植物ではありませんが玉ねぎもユリ科の植物です。

ユリ科と並んで危険な植物

モクセイ科のジャスミンは、誤食すると呼吸困難から死亡に至る危険な植物です。

ドラセナ(いわゆる幸福の木)を食べると、四肢の痺れから死亡する例もある危険があります。

アジサイ科

アジサイのつぼみには毒があり、大量に摂取すると痙攣や呼吸麻痺から死亡に至る可能性もあります。

アヤメ科、スミレ科、ボタン科

アヤメ、アイリス、サフランの根茎に毒があり、嘔吐や下痢の症状を呈します。

スミレ科のパンジーの趣旨や根茎には神経麻痺の毒が含まれています。

ボタンやシャクヤクの乳液には、接触すると皮膚炎になる成分が含まれています。

キキョウ科、キョウチクトウ科、キンポウゲ科

キキョウの根やキョウチクトウ、ロベリア、キンポウゲ、クリスマスローズ、アネモネを食べると嘔吐や呼吸困難、心臓麻痺のリスクもあります。

キク科、サクラソウ科

キクやデージー、マーガレットに接触すると皮膚炎になる場合があります。

また誤食すると嘔吐する場合があります。

サクラソウ科のシクラメンを食べると胃腸炎を発症します。

ツツジ科、ヒガンバナ科、ヒルガオ科

サツキやツツジを食べると視覚障害になるリスクがあります。

ヒガンバナ科のアマリリスやスイセンを食べると嘔吐や下痢の症状を呈します。

アサガオを食しても同様の症状を起こします。

ナス科

ジャガイモの芽やトマトの葉や茎にも皮膚炎などの毒素が含まれています。

バラ科

バラ科の梅やスモモ、桃やリンゴの果実や種子には呼吸困難を引き起こす毒素が含まれています。

 

以上、危険な植物の一部を紹介しましたが、ここに記載した以外でも、危険な植物はたくさんあります。

ねこちゃんがいる環境での観葉植物の取り扱いには充分注意してください。

もし愛猫が危険な植物を食べてしまったら

お宅のねこちゃんに嘔吐や下痢、痙攣や呼吸困難の症状がみられた場合は、急いで動物病院に連絡しましょう。

部屋を見渡して嘔吐物や食べ残しをみつけたら、病院に行く際にそれも持参していきましょう。

とくに危険な植物は、ユリ科の植物とジャスミン、アジサイと幸福の木です。

これらは最悪、死亡する可能性もある危険な植物ですから、普段からねこのいる環境から遠ざけるなどの工夫をしてください。

まとめ

観葉植物を購入する前には、ねこちゃんにとって安全な植物かどうかを必ず確認してください。

外出するねこちゃんの場合は、誤食を避けることは難しくなります。

一例をあげれば、イチイの種、イチョウの種(ぎんなん)、イラクサ、ウルシ、ハゼノキ、エゴノキの種子、オシロイバナの種子、イチジク、ワラビ、ソテツ、トチノキ、チョウセンアサガオ、ヒガンバナ・・・。

ねこちゃんにとっての毒草は、それこそ無数に存在しています。

野良猫が命を落とす原因のひとつが毒草の誤食であるという指摘もあります。

屋外にはそのほか、交通事故や迷子、猫エイズ感染のリスクもありますから、できればねこちゃんは室内飼いしてほしいと思います。

タイトルとURLをコピーしました