【至難の技】ねこに上手に薬を飲ませる方法を解説

ペットヘルスケア

ペットのねこが体調を崩したときに治療に不可欠なのが投薬です。

ねこの薬には錠剤、粉剤、液体、カプセルといった飲み薬のほか、目薬、塗り薬などがあります。人間のように薬を飲むことが必要だということを理解できないねこにとって、薬を飲まされることは実に苦痛です。実際多くの飼い主さんがねこに薬を飲ませることに苦心していて、処方された薬を飲ませることができなかったという経験をしているケースも多いようです。

一度嫌な思いをすると、なかなか薬を飲んでくれなくなることも多々あります。

ネットに寄せられた悩み相談

ネットのペットコーナーでいくつかの悩み相談を発見しました。

錠剤をいろんな方法で隠して食べさせようとしても薬だけ上手に出してしまうとか、粉薬を水に溶かすと多量になって飲みきれなかったとか、塗り薬やノミ・マダニのスポットタイプの滴下剤など、皮膚につけるタイプの薬に関しては、舐めてしまうという悩みも見受けられました。

薬の飲ませ方

獣医師さんがすすめている方法を紹介します。嫌がるねこに薬を飲ませることは現実的には難しいですが、参考にしてみてください💦

錠剤の飲ませ方

頭を固定して指でねこの口を開け、喉の奥にしっかりと薬を入れます。口を閉じさせてゴクンと嚥下するまで喉をなでましょう。

短時間で手早く投薬するのがポイントで、うまくいかずに時間をかけてしまうと、ねこにとって大変な苦痛になります。錠剤をそのまま飲ませることが難しい場合は、砕いて与える方法もありますが、フードに混ぜて与える方法は味の変化に気づいて上手くいかないという声も多く耳にします。薬によっては錠剤のまま飲ませなければならないケースもあるので注意してください。

粉薬の飲ませ方

薬をフードやヨーグルトなどに混ぜて食べることができればいいのですが、抗生剤などは苦いので拒む子も多いようです。ミルクやフードに混ぜて与える方法については、錠剤同様、味の変化に気づいて口にしてくれない場合が多いようです。

粉薬は水で溶いてシリンジ(注射器)で投薬するのが、ねこの負担を考えると一番有力な方法です。両手で頭を固定して口の横からシリンジを入れ、喉に向かって薬を入れます。「ちゅーる」などに混ぜてシリンジで挿入する方法もおススメです。

カプセル薬の飲ませ方

カプセルのまま与えなければならない場合は、難易度が上がります。

団子状に丸めたウエットフードの中に入れるという方法もあるようですが、カプセルだけ吐き出してしまうことが多いようです。結局は口を開けさせて飲み込ませる方法しかないでしょう。

心を鬼にすべし

犬に比べると嗜好性に偏りがあるねこは、投薬で苦労することが多いようです。

嫌がるねこちゃんに投薬するのはストレスになるし、信頼関係にヒビが入るのではないかと心配になる飼い主さんもいると思います。その気持ちはわかりますが、愛猫が病気で苦しむほうが、飼い主さんにとって辛いことなのではないでしょうか。

ここはある意味、心を鬼にして、気合を入れて薬を飲ませてください。

まとめ

ねこにストレスをかけない投薬の最強のコツは「上手になること」です。投薬まで時間をかけてしまうと、ねこは何倍も余計に苦しむことになります。短時間でうまく投薬できるように、日ごろから体に触れ、しっかりとコミュニケーションをとっておくことが重要です。練習には薬を混ぜる専用の市販のおやつを活用したり、フードやおやつなどを使うといいでしょう。

それでも、どうしてもうまくいかない場合もあると思います。最近はフレーバーがついていて美味しく飲める薬も開発されていますから、かかりつけの獣医師さんに相談してみてはいかがでしょうか。

大人女性韓国ファッション通販 アトランス

タイトルとURLをコピーしました