いわゆる猫カビについて解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

ねこの皮膚に円形の脱毛が見られたら、皮膚にカビが生える「猫カビ」かもしれません。

放っておくと、脱毛が広がったり、人にもうつる可能性のある皮膚病です。

悪化しないうちに早めに治療してあげましょう。

猫カビの正体

「猫カビ」という固有の名前をもつカビはありません。

皮膚真菌とよばれるカビのいくつかは動物の皮膚に寄生して皮膚炎を発生させます。

この病気を総称して「皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)」といいます。

代表的な皮膚糸状菌症には人間に感染する水虫があります。

皮膚真菌症の原因菌は、動物から動物へ感染します。

すでに感染している動物にねこが接触したり、感染した動物の抜け毛やフケが付着したタオルやクッション、ブラシなどから別のねこの被毛に付着することで感染します。

野良猫を拾って家に招き入れた場合、すでにその子に菌が付着していることもあります。

また、飼い主が外で他の動物を触って家に持ち込むこともあります。

菌が付着した個体がすべて発症するわけではなく、免疫力の弱い子猫や老猫、他の病気に罹って体力が低下しているねこが発症しやすいです。

また、長毛の猫も発症しやすいといわれています。

付着した菌は、1~2日以内に被毛や皮膚の表面で増殖し、皮膚の表層の組織の中へ侵入していきます。

猫カビの症状

円形脱毛症になる

真菌に感染すると、最初に感染した部位の脱毛が起こります。

はじめのうちは、それほどかゆがる様子が見られないので、症状が悪化してかなり広範囲にわたって円形脱毛が進行してから飼い主さんが発見するというパターンも多いです。

脱毛が発生しやすい箇所は、顔周りや足、しっぽに同時に複数箇所脱毛している場合があります。

フケが出る

脱毛した箇所は、放っておくと、脱毛した皮膚の外周からさらに毛が抜けて、同時にリング状にフケも出てきます。

さらに悪化すると、中心部が赤くなったり、かさぶたができて痒みを伴います。

猫カビの治療

治療方法

治療法としては、外用薬の塗布、飲み薬の投与とシャンプー療法がメインになります。

また、感染したねこちゃんの生活環境における真菌の除去対策もとても重要です。

薬用シャンプーを用いて全身を洗うことで、体表に付着した菌や感染した抜け毛を落とし、より早く治すことが期待できると同時に、環境中への菌の広がりを防止することにもつながります。

治療期間

皮膚症状の広がりの程度によって外用薬にするか、飲み薬で治療するかが決まるので、その治療方法によっても治療期間は異なります。

通院回数は1ヶ所の小さな脱毛だとしても、最低2回以上の通院が必要です。

完治までは数週間から数か月かかるケースもあります。

人間にも感染する場合がある

猫カビは人にも感染する場合があります。

とくに10歳以下の子どもに感染しやすいといわれています。

症状としては赤い円形の皮膚の炎症や紙の脱毛などで、強い痒みをともないます。

愛猫が感染した場合には、なるべく接触を避け、接触した場合は手指や腕、首回りなど肌が露出している部分は洗い流し、洋服も着替えましょう。

感染猫の抜け毛やフケからの感染も考えられるので、家の掃除も念入りにしてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました