【巻き爪に注意】シニアねこの爪切りを解説

グッズ紹介

多くのねこの飼い主さんの悩みのひとつが爪切りではないでしょうか。

そもそも野良猫は屋外で自由に爪とぎをして、爪を使って木に登ったり、獲物を捕らえるために鋭い爪を維持する必要がありますが、室内で生活しているねこちゃんの場合は、安全のために定期的に爪切りをして、爪先を丸くしておいたほうがいいのです。

爪が伸びていると、カーテンやラグに引っ掛けて爪を折ってしまったり、ご家族が引っかかれてケガをしたりするおそれもあります。

ねこの爪の構造

ねこの爪は鉛筆のキャップのように何層にもなっていて、一定の長さまでしか伸びません。内側にあたらしい尖った爪ができると、ねこは爪とぎをして一番外側にある古い層の爪を剥がして、あたらしい尖った爪に代えます。

爪は内側と外側の二層構造になっていて、内側のクイックと呼ばれる部分には神経と血管が通っています。

ねこの爪は出し入れできることが知られています。

これは爪の下に付着した靭帯が筋肉に引っ張られて、ちょうど滑車のように爪が外に飛び出す構造になっているからで、人間が爪の根元部分を上下から指で挟むように押すと爪が飛び出す仕組みになっていることで、その仕組みがわかります。

爪切りの方法

実際に爪切をやってみよう

このようなギロチンタイプの爪切りが使いやすいと思います。

爪の先端の細くなっているところを一度で切ることを心がけましょう。

カットするのは爪の先端の鋭利な部分だけにして、内側のクイック部分は切ってはいけません。いわゆる深爪の状態になって痛みを感じますし、出血するとなかなか止まらない場合があります。

爪切りの注意点

爪切りに時間をかけないことと爪切りを意識させないことが大切です。

一度に全ての爪を切ることができなくてもいいので、軽い気持ちで1~2本切れれば大成功です。

爪切りの時に前足をギュッと持って爪を出そうとする飼い主さんがいますが、ねこは強く触られるのが嫌いなので、前足はそっと持って、優しく押して爪を出しましょう。

一度爪切りで痛い思いをすると、次回からはやらせてくれなくなってしまいます。

くれぐれも切りすぎに注意して、慎重におこないましょう。

爪を切らないとどうなるか

通常は体を掻いても皮膚が傷つくことはありませんが、爪が鋭く伸びていると皮膚に傷をつけ、そこから細菌感染などを起こしてしまう危険があります。

また、ソファやカーテンなどに尖った爪を引っかけて、古い爪とあたらしい爪を一緒に折ってしまったり、家族を引っ掻いてケガをさせてしまうこともあります。

シニアねこの場合

老猫になってくると、面倒臭がって自分で爪とぎをしなくなることがあります。

そのために古い爪が剥がれ落ちずに残り、爪が太くなって分厚く半円形のような形になってしまう場合があります。

それを放置すると円を描くような巻き爪に変形し、肉球に突き刺さったり、歩き方や関節に問題が出ることもあります。

室内を歩く際に、チャカチャカ音がしていたら、巻き爪の証拠かもしれません。

変形した爪が切りづらい場合は、動物病院で処方してもらうのもいいでしょう。

こまめに何度か切っていくうちに古い爪が剥がれ落ちて変形してしまった爪も元に戻りますから、安心してください。

ただし、一度元に戻っても半年以上切ってあげないとまた巻き爪になってしまう可能性があるそうですから、動物病院では3~4か月に一度は爪切りをするように指導されるようです。

まとめ

ねこちゃんがシニアになると新陳代謝が悪くなり、本来なら爪とぎで剥けるはずの古い爪が剥けていかず、爪が厚くなっていく傾向があります。

シニアねこには爪切りのほかにも、特別なケアが必要になります。

定期的に健康をチェックして、愛猫の様子を気に掛けるようにしてあげましょう!

ペット通販の『PEPPY(ペピイ)』で暴れるねこちゃんを袋に入れてケガのないように爪切りできる便利グッズを見つけました。

一度試してみてくださいね。

猫用グッズはなんでも揃う『PEPPY(ペピイ)』

タイトルとURLをコピーしました