ねこの血統書の仕組みを解説

スポンサーリンク
グッズ紹介

ねこの血統書はどのような団体が発行し、持っているとどんなことがあるのでしょうか?

今回は「血統書」についての疑問を解説します。

血統書ってなに?

血統書とは、その名の通りねこの血統を証明するものです。

そのねこがどんな親から生まれたかを証明する書類で、人間でいうところの戸籍にあたるものだといえます。

血統書に書かれていること

●名前(※血統書上のねこの名前です)
●登録番号
●猫種
●性別、毛色、目の色、生年月日、登録年月日
●繁殖者、所有者
●両親、祖父母、曽祖父母、兄弟姉妹の情報
●両親や祖先のチャンピオンなどのタイトル

血統書には名義変更が必要?

子ねことその血統書の所有者の欄にはブリーダーの名前が入っています。

ペットとして飼うことだけを考えているなら、そのままにしておいても何も不都合はありませんが、キャットショーに出ることを考えている場合は名義変更が必要です。

飼い主さんの名義に変更しないと、ショーにエントリーできない場合があります。

ねこの血統書を発行している団体

世界の血統登録団体

血統書は、多くの団体から発行されています。

世界的に知られている代表的な団体は、「The International Cat Association (TICA)」)や「The Cat Fanciers’ Association, Inc.(CFA)」の2つの団体です。

いずれもアメリカに本部があり、各国にあるそれぞれの団体の支部が血統書を発行しています。

各団体は、血統書の発行をはじめとする血統の管理のほかに、キャットショーの運営をおこなっています。

日本における血統登録団体

日本における血統登録団体は、TICAとCFAのほか、ICC(インターナショナルキャットクラブ)、ACC(アジアキャットクラブ)という団体が主流です。

TICAとCFAの血統書は世界的に通用しますが、日本国内のキャットクラブである「ICC」やアジアを中心に活動している「ACC」の血統書は世界的には通用しないことも多いようです。

血統書が必要な理由

「血統書付き」と聞くと、ほかのねこより優れているような印象を受けますが、ただ両親や父母、祖父母の情報がわかっているということにすぎません。

チャンピオンの子孫だといっても、その子にチャンピオンの資質があるという証明でもありません。

ただし、血統書がないとキャットショーへのエントリーはできません。

また、交配して子どもを産ませることを考えると、血統書は重要です。

どんな両親から生まれたねこなのかはっきりしていないと、正式にその猫種として認められないばかりでなく、遺伝的に問題のある子が生まれてくる可能性もあるからです。

そのほか、血統書があるということは、ブリーダーさんがねこの出生をきちんと登録団体に届け出た証ともいえるので、「しっかりとしたブリーダーさんである」という信頼の見極めにはなるでしょう。

まとめ

ねこの血統書は、そのねこについてのさまざまな情報が記された戸籍のようなものです。

しかし、「キャットショーに出したい」「繁殖をしたい」場合以外には、必ずしも必要なものではありません。

大切なのは、血統書にこだわるだけでなく、責任と愛情を持ってしっかりと飼育していくことですが、血統書は猫種の特徴を正しく受け継いでいくために必要なものだということもあわせて知っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました