猫パルポウイルス感染症を解説

ペットヘルスケア

猫パルボウイルス感染症は「猫汎白血球減少症」や「猫ウイルス性腸炎」などとも呼ばれる恐ろしい感染症です。

ねこがウイルスに感染すると、ひどい嘔吐や下痢症状が急激に出て、症状が重症化すると数日間で死に至ることも珍しくありません。

とくに子猫が感染すると、かなり高い致死率になります。

猫パルボウイルスの感染経路

猫パルボウイルスに感染した猫の嘔吐物や排泄物から感染します。

ウイルスの感染力が非常に強く、自然界では1ヵ月くらい感染力を持ったまま存在できるといわれています。

ウイルスが含まれたねこの嘔吐物などに触れた場合や、直接触らなくても、感染したねこのいる環境下に置かれたおもちゃや毛布などに接触するだけで感染することがあります。

人間や犬にもパルボウイルス感染症はありますが、ウイルスの型が違うのでねこ以外に感染することはありませんが、人間がねこ同士の感染を媒介してしまうことはあります。

感染猫のいる場所を通った際に服や持ち物にウイルスが付着して別の場所にウイルスを運んでしまったり、感染猫に触った手で他の猫をなでて感染させてしまうという可能性も充分にあります。

ウイルスは靴の底に付着して運ばれることもあります。

猫パルボウイルス感染症の治療法

抗ウイルス剤は存在しないので、下痢や嘔吐などに対する対症療法しか方法がなく、下痢や嘔吐がおさまったら、その後はねこ自身が持っている免疫力でウイルスを死滅させ、回復するのを待つしかありません。

しかし、発症から数日間を乗り越えたねこは感染と戦う役割を担う白血球がウイルスによって破壊されてしまうために、敗血症などの二次感染を起こしやすくなります。

そのため多くの場合で回復できずに数日で亡くなってしまうケースが多くなっています。

感染予防に関して

ワクチンを接種していれば、猫パルボウイルスに感染するリスクはほとんどありません。

生まれてすぐから生後1ヵ月くらいまで、子猫は母猫からの移行抗体で守られています。

抗体が切れた頃にワクチンを接種し、その後も定期的に接種を続けていけば、猫パルボウイルスへの感染の心配はほとんどなくなります。

このワクチンは、いわゆるコアワクチン(3種混合ワクチン)には必ず含まれています。

この病気は飼い主さん自身が原因となるウイルスを運んでしまう可能性もありますから、「完全室内飼育だから必要ない」などとは考えず、必ずコアワクチンを接種するようにしましょう。

まとめ

猫パルボウイルス感染症は、ワクチン接種で防げる病気です。

大切な愛猫のためにも、獣医さんと相談しながら定期的な接種をおこなってください。

この猫パルボウイルスの性質から、いったん集団感染が起こった場合は感染拡大を根絶することは極めて困難です。

たとえば衛生管理が不充分なペットホテルなどで感染が発生する可能性もあながち否定できません。

子猫がワクチンの接種年齢になったら必ず適切な接種を受けさせ、それ以降、追加接種も毎年接種させることが極めて重要です。

【レガリエ】獣医師共同開発!国産×グレインフリーキャットフード

ヒューマングレード【レガリエ】の申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました