犬を飼うときに必要な畜犬登録の手続きを解説

スポンサーリンク
ペット保険

人間の場合は、子どもの誕生や引っ越しの際などに、さまざまな登録手続きが必要になります。

これはペットの犬も同様で、飼い主さんには畜犬登録が義務付けられていて、お住まいの市区町村への届け出が必要です。

今回は、犬を飼い始めた方やこれから飼う予定のある方に向けて、犬を飼うために必要な手続きについて解説します。

畜犬登録は飼い主さんの義務

あたらしく犬を飼い始めた飼い主さんには、畜犬登録をすることが法律で定められています。

登録すると「鑑札(かんさつ)」が付与されます。

鑑札は首輪などに装着しましょう。

畜犬登録の情報は行政のデータベースに反映され、誰がどこでどんな犬を飼育しているのかを把握しています。

登録の手順について

畜犬登録をする場所

居住地の自治体によって畜犬登録の場所が異なります。

自治体によっては、保健所のほか、動物病院での登録が可能な地区もあります。

まずは、役所の担当課で尋ねてください。

狂犬病の予防接種とあわせて申請が可能な場合は、鑑札と一緒に狂犬病ワクチンの「注射済票」も交付してもらえるので手間が省けます。

申請時期について

畜犬登録は、犬を所有してから30日以内が期限です。

保護犬や譲渡犬など、成犬を飼い始める場合は、所有してから30日以内に登録しましょう。

生後91日以内の幼犬の場合は、生後120日以内に登録を完了する必要があります。

費用

登録料は3000 円程度です。

一度登録をおこなえば、引っ越した場合でも以前の鑑札を提示して無料で新しいものを交付してもらえます。

狂犬病予防接種も忘れずに

畜犬登録と同様に犬の飼い主に義務付けられているのが、年に1度の狂犬病予防接種です。

集合注射や動物病院で予防接種を受けたら、オリジナルナンバーの付いた「注射済票」が発行されます。

これは畜犬登録の内容と紐づくもので、狂犬病予防接種を受けたことの重要な証明になるため、必ず受け取って大事に保管しましょう。

狂犬病ワクチンを接種しない場合は20万円以下の罰金に処される可能性があります。

手続きの変更方法

愛犬が亡くなったり、住所が変更になった場合などは手続きが必要になります。

引越や犬の死亡時など

引越の際には、必ず登録変更をしてください。

旧住所の役所か保健所で「登録事項変更」をおこなった後、あたらしい住所の役所または保健所で「登録事項変更届」を提出して、鑑札を受け取ります。

犬を譲渡した際の手続きも同様です。

犬が亡くなったときには登録事項変更届で抹消手続きをしてください。

データを変更しないままでいると、予防注射の案内ハガキ等が正しい住所や飼い主さんに届かなくなります。

また、登録を抹消しないままでいると、毎年予防接種の案内が届いて、いつまでも亡くなった愛犬のことを思い出してしまうことになります。

まとめ

犬の飼い主さんには、法律により以下のような義務が課せられています。

①現在居住している市区町村に飼い犬の登録をすること
②飼い犬に年1 回の狂犬病予防注射を受けさせること
③鑑札を飼い犬に装着すること

役所や保健所での手続きは大変なイメージがあるかもしれませんが、登録方法はいたってシンプルです。

役所が混雑していなければ大して時間もかかりませんので、忘れずに手続きをしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました