クッシング症候群について解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

クッシング症候群とは、腎臓のそばにある副腎から分泌されるコルチゾールというホルモンが出すぎて、体に悪影響を与えている状態をいいます。

高齢の犬に多く、症状が進行すると免疫力が低下して皮膚炎や膀胱炎にかかりやすくなり、糖尿病を併発することもある危険な病気です。

クッシング症候群の原因

副腎のホルモンコントロールの働き

犬の副腎は、左右の腎臓の頭側に対で存在している大きさ1㎝ほどのピーナッツ形をした小さな臓器です。

この小さな臓器の機能には、生命維持のバランスを取るためにホルモン分泌をコントロールする機能があります。

副腎の働きに異常が発生してルチゾールの分泌が過剰になると、体にさまざまな悪影響を及ぼすのです。

クッシング症候群の2つの原因

クッシング症候群の原因は2つあり、いずれもコルチゾールの異常分泌を招きます。

ひとつは脳下垂体の腫瘍による副腎機能の異常で、もうひとつは副腎の腫瘍です。

クッシング症候群の原因の90%は脳下垂体の腫瘍によるものだといわれています。

併発疾患を招くことも

コルチゾールはインスリンへの抵抗性を上げることから糖尿病になりやすく、体の免疫機能を抑える働きも持つため、急性膵炎のほか細菌感染や寄生虫感染が起きやすくなります。

クッシング症候群の症状

クッシング症候群の典型的な症状

水をよく飲み尿も増えるという多飲多尿の症状が現れます。

そのほか、脱毛や皮膚が黒ずむ色素沈着や、足腰が弱くなる、お腹が膨れてくるなどの症状が現れます。

愛犬の疲れやすくなる症状や抜け毛に関しては「年齢のせいかも」と思って見過ごしてしまうことも多いようです。

脳下垂体の腫瘍のケースでは、徘徊や夜鳴きといった神経症状を併発することもあります。

クッシング症候群になりやすい犬種

クッシング症候群にかかりやすい犬種というのはとくにありません。小型犬種に多い傾向があるといわれていますが、すべての犬種が罹患する可能性があります。

とくに高齢の犬がかかりやすい病気です。

クッシング症候群の治療法

治療方法は、原因が脳下垂体にあるか副腎にあるかで異なります。

脳下垂体に腫瘍がある場合

腫瘍が小さい場合は、内服薬で副腎から分泌されるコルチゾールを抑えます。

内科治療では根本治癒はできず、生涯薬を飲み続ける必要があります。

腫瘍が大きい場合は、内服薬での治療のほかに放射線治療や外科手術による脳下垂体の腫瘍の摘出が選択されることもあります。

ただし難手術になるため、施術できる病院は限られています。

副腎に腫瘍がある場合

外科手術による副腎摘出が優先的な選択になりますが、ほかの臓器に転移しているケースでは、手術ができないことがあります

まとめ

クッシング症候群には残念ながら効果的な予防法はありません。

健康診断で発見されることも多く、普段の生活の中では多飲多尿の症状によって飼い主さんが発見できる病気ですが、早期発見や早期治療にはあまり意味がないかもしれません。

それは内科治療でも外科治療でも治療効果が薄いと考えられているからです。

対象となるワンちゃんは多くが高齢で、併発している糖尿病などの治療以外にクッシング症候群そのものの治療はおこなわないケースが多いのです。

治療費は高額になりますから、どうするのが愛犬や家族にとって一番いいのかを話し合ってから治療に進むことが肝心です。

タイトルとURLをコピーしました