ねこの回虫の人間への感染リスクを解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

ねこを迎えたときに気をつけたい病気のひとつに回虫症があります。

重症になることはほとんどありませんが、子ねこの成長に影響が出たり、消化器症状を起こすことがあります。

注意しておきたいのは、ねこの回虫は人間に感染する可能性があるということです。

ねこの回虫とはどんな寄生虫か

ねこの回虫症は、「猫回虫」もしくは「犬小回虫」による寄生虫症です。

成虫はいずれも長さ5~10㎝くらいの白い糸状の虫です。

回虫の卵は、環境中での抵抗力が非常に強く、砂や土の中に混じって長期間生き続け、感染の機会を待っています。

ねこへの感染経路とライフサイクル

ねこの体内をグルグル巡る回虫

ねこの口から回虫の虫卵が侵入すると、卵は胃の中で孵化します。

孵化した幼虫は胃壁に入り込み、血液やリンパにのって肝臓から肺へと移動します。

その後、気管から喉を通って食道に入り込み、胃から小腸に移動して定着します。

回虫のライフサイクル

メスは小腸内で無数の卵を産み、卵は便と一緒に排泄されます。

便と一緒に排出された卵は未熟な状態で感染力はありませんが、その後、自然の環境下で成熟すると感染力が備わります。

成熟までの期間は猫回虫で2~4週間、犬小回虫で3~6日くらいです。

成熟した卵は環境中での抵抗性が強く、1年以上感染力を維持することもあります。

ほかのねこの糞の臭いをかいだり、体内に幼虫を持っているネズミや小動物をねこが補食することによって、回虫はふたたびねこに経口感染し、ライフサイクルを維持しています。

そのほか、授乳期の母から子に母乳を介して経乳感染するケースがあります。

人間にも感染リスクがあるねこの回虫

ねこの回虫は人間にも感染する可能性があります。

人間はねこの回虫の本来の宿主ではないため、消化管内で成虫に成長することができません。

したがって、ほとんどの場合はそのまま便と一緒に排出されるのですが、ごくまれに、本来の寄生部位ではない肺や肝臓などのさまざまな組織へ移行して寄生する場合があるのです。

これを臓器幼虫移行症(トキソカラ症)と呼びます。

トキソカラ症の症状

トキソカラ症は「内蔵移行型」と「眼移行型」に大別され、内蔵移行型では倦怠感や発熱、咳、筋肉痛、関節痛といったカゼの症状のほか、肝障害がみられます。

また、回虫が脳へ侵入した場合にはてんかん発作を生じる可能性があります。

眼移行型では視力低下が見られるほか、重症化すると失明に至る場合もあります。

これらのリスクについては、幼児や小児の危険性が高いといわれています。

ねこの回虫の感染対策について

ねこの感染対策

ペットのねこについては、定期的に糞便検査をおこない、感染が見つかった場合は駆虫薬を適切に投与しましょう。

また、ネズミなどを捕食して感染しないように、室内飼育にして外に出さないことも大切です。

回虫は母子感染の可能性があることも知っておきましょう。

ねこの便の中の回虫卵が感染力を持つまでには一定の時間がかかるため、便が排泄されたらすぐに処理する習慣をつけると感染のリスクを抑えることができます。

人間の感染対策

直接ねこと触れ合う機会がない場合でも、小さな子どものいる家庭ではとくに注意が必要です。

公園の砂場や土の中には回虫の卵が隠れているかもしれません。

外遊びの後には必ず洗いをさせてください。

大人の場合は、ガーデニングの後の手洗いを忘れないようにしましょう。

普段から庭に野良猫が入りこまないような対策をしておくと感染リスクを抑えることができます。

まとめ

人間がトキソカラ症を発症する可能性は高くないそうですが、もし発症すると治療は難しいといわれています。

野良猫や土を触った後にしっかり手を洗うことが、一番の感染対策です。

また、鶏肉のレバーには回虫の幼虫が潜んでいる可能性がありますから、レバーの生食は避けたほうがいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました