犬アレルギーの症状と対策を解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

犬アレルギーは犬と接触することによって引き起こされるアレルギー症状です。

その症状は、軽度なものから深刻な健康被害をもたらすケースまでさまざまです。

犬を家族の一員として迎え入れる場合には、あらかじめ同居する家族全員のアレルギー検査をしておくと安心です。

犬アレルギーとはなにか

犬アレルギーは、犬のフケや唾液、抜け毛などをアレルゲンとするアレルギー症状です。

花粉症などと同じように、体の免疫機能が過剰に反応することで発症します。

人によって症状が異なり、なんの兆候もなくある日突然犬アレルギーを発症することもあります。

犬アレルギーの症状

カゼに似た症状

咳やくしゃみ、鼻水など、風邪に似た症状が現れます。

犬と同じ空間にいる時だけ症状が出る場合には、犬アレルギーの疑いがあります。

目の腫れやかゆみ、湿疹

目のかゆみ、充血、流涙、まぶたの腫れなどがみられることもあります。

症状が長く続いたり、悪化すると、結膜炎を引き起こすこともあります。

犬と接触した部位や皮膚の柔らかいところに、かゆみや湿疹などの症状が現れます。

下痢

アレルギー症状が悪化すると、下痢などの消化器症状が現れることもあります。

この場合はアレルギー症状と気づかないことも多いようです。

呼吸困難や眩暈

重度の犬アレルギーの場合、嘔吐や呼吸困難などの症状がみられます。

喘息発作や眩暈、動悸、嚥下困難などの症状がある場合は、呼吸困難を起こす危険な前触れかもしれません。

重いアレルギー症状は命に関わることもあるため、できるだけ早く病院を受診しましょう。

犬アレルギーを確認する方法

それらしい症状が現れた場合でも、それが犬アレルギーかどうかについては詳しく調べなければ断定できません。

犬アレルギーの検査は2通りあります。

ブリックテスト

皮膚表面に傷をつけてアレルゲンを接触させ、アレルギー反応を確認する方法です。

プリックテストは採血を必要としないため、小さな子どもや赤ちゃんでも受けることができます。

ラストテスト

血液を少量採取してアレルゲン反応物質の量を調べる方法です。

IgEという抗体が多いほどアレルギーを引き起こす可能性が高く、犬アレルギー以外のアレルギー物質も知ることができます。

犬アレルギーになってしまったら

現在の医療では犬アレルギーの完治は難しいため、症状を緩和させる対症療法がメインです。

投薬によるアレルギー症状の軽減はもっとも一般的な方法で、アレルギー症状が軽い場合は、これだけでも充分な効果が期待できます。

そのほか、生活面では以下のような対策が考えられます。

室内の空気を清潔にする

こまめな換気や部屋の掃除、空気清浄機などを活用して、空気を清潔に保ちましょう。

犬と過ごす空間を清潔に保ち、少しでもアレルゲンを吸い込まないような工夫をしてください。

シャンプーやブラッシングをまめにおこなう

シャンプーやブラッシングの頻度を上げ、抜け毛やフケなどのアレルゲンを落としましょう。

犬によっては頻繁なシャンプーが負担になることもあるので、愛犬の性質や体調に合わせて取り組むようにしてください。

生活空間を分ける

人間と犬の生活環境を分離して、アレルゲンに触れる機会をできるだけ減らすという対処方法もあります。

とくに寝室へは犬を出入りさせないようにしましょう。

まとめ

犬アレルギーだからといって絶対に犬と暮らせないわけではなく、薬の服用や生活環境を見直すことで愛犬と楽しく過ごすことができます。

基本的に犬アレルギーの症状が出ない犬種は存在しませんが、抜け毛が少ないトイ・プードル、マルチーズ、ヨークシャー・テリア、シーズー、ミニチュア・シュナウザーなどの犬種であれば、多少はアレルギーが軽減できるかもしれません。

参考にしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました