犬のお尻の病気(肛門嚢炎)を解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

愛犬がしきりに肛門を舐めたり、咬んだり、肛門を床に擦りつけたり、自分の尾を追いかけるなどの仕草をしていることはありませんか?

これは肛門嚢炎(こうもんのうえん)のサインかもしれません。

犬にもねこにもある肛門嚢

犬やねこにはマーキングに使う分泌液を出す肛門嚢という袋があります。

肛門嚢は肛門の左右それぞれの斜め下にあって、管で肛門とつながっています。

分泌液は肛門嚢にある肛門腺から分泌され、マーキングの機能を果たします。

肛門嚢や肛門と繋がる菅に粘り気の強い分泌液が詰まって、肛門嚢に炎症が起きる状態を「肛門嚢炎」といいます。

肛門嚢炎の症状

肛門嚢炎の犬の一番分かりやすい症状が、お尻を地面につけたまま前足を使って前に進む「お尻歩き」という行動です。

これは肛門嚢の炎症によって、かゆみや痛みが出ているためです。

そのほか、肛門のあたりをしきりに気にして舐める様子も見られます。

悪化すると肛門の斜め下の位置が大きく腫れ、最終的には肛門嚢が破裂して肛門の斜め下に穴が開きます。

この状態は「肛門嚢破裂」と呼ばれます。

肛門嚢炎の原因と発症傾向

肛門嚢に分泌液が排泄されずに停滞していると、分泌液の粘り気が強くなります。

そして分泌液のなかで細菌が繁殖し、肛門嚢に炎症が起こります。

肛門嚢の分泌液の粘り気がもともと強い犬や、分泌液がたまるのがはやい犬、肛門嚢から分泌液を排出する力が弱い犬は、肛門嚢炎になりやすい傾向があります。

肛門括約筋などの筋肉の緊張力が低下しやすい小型犬や肥満犬によく見られます。

肛門嚢炎の予防法と治療

肛門嚢炎の予防法

定期的な「肛門腺絞り」が肛門嚢炎の予防につながります。

肛門腺絞りは2週間~1か月程度を目安におこないましょう。

肛門腺絞りにはコツがいるので、飼い主さんがおこなう場合は、トリミングか動物病院の診察の際に方法を教わってから、可能であれば自宅でもやってみてくださいね。

肛門嚢炎の治療

動物病院で分泌物の検査をして異常がなければ、肛門腺絞りのみおこなうことも多いです。

病状が進行している場合は肛門腺絞りに加えて抗生剤の使用や洗浄をします。

このような治療で、通常の肛門嚢炎であれば2~3週間程度で治癒することが多いです。

肛門嚢破裂が起きている場合は治療が長期化するケースもあります。

しつこく再発を繰り返したりする場合は、肛門嚢の外科的切除をおこなう場合もあります。

肛門嚢を摘出してしまえば再発することはありません。

まとめ

肛門嚢炎は定期的に肛門腺絞りを行うことで予防することができます。

肛門腺絞りが必要になる期間を把握し、定期的におこなうようにしましょう。

お尻を地面にこすりつけたり、しきりに気にする様子があれば動物病院に連れて行きましょう。

自宅で肛門腺絞りをした場合には、分泌液を確認してみてください。

詳しくは動物病院の指導を受けていただきたいのですが、ひとつの目安として、サラサラした分泌液は詰まりにくいですが、粘性が強くざらついた砂のようなものが含まれている場合は詰まりやすいため、肛門絞りをする回数を増やしてあげるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました