【なぜ起きる】犬のアナフィラキシーショックを解説

ペットヘルスケア

アナフィラキシーショックとは、薬物や異物に含まれる「抗原」が体内に侵入することによって、生体自身が起こすアレルギー反応のことです。

一般的なアレルギー反応と異なるのは、アナフィラキシーはアレルギーを発症するまでの時間が極端に短く、反応が激しいということです。

最初に体内に異物が侵入すると、その異物への抗体がつくられます。

そして、次に異物が侵入すると、その抗体が異物を激しく攻撃します。

この激しい反応が体内の臓器に悪影響を及ぼし、最悪の場合は命を落としてしまうというのが、アナフィラキシーショックの危険な性質です。

犬のアナフィラキシーショックの原因

人間でもハチ毒アレルギーや蕎麦アレルギーが有名ですが、犬もアナフィラキシーショックを起こすことがあります。

犬のアナフィラキシーショックは、ワクチンを接種してから数時間以内に起こるものがとくに有名です。

そのほかにはハチやヘビなど動物の毒や、抗生物質や造影剤、麻酔剤や鎮痛剤、ホルモン剤の注射、牛乳やチョコレート、穀物といった食品由来のケースや、寒暖差や急激な運動が引き金になって発生する場合があります。

アナフィラキシーショックの症状

急性アナフィラキシー

抗原が侵入してから早期に発生する反応で、急激なショック状態を示します。

ワクチン注射が原因で引き起こされるアナフィラキシーショックの多くは、注射後15分以内に発生します。

粘膜の色が青白くなり、顔が腫れて呼吸困難になり、嘔吐から急激な血圧低下を起こして非常に危険な状態に陥ります。

じんましん

抗原が侵入してから30分~2時間以内に反応が出ます。

顔面にじんましんが出た場合は、顔がパンパンに腫れて一時的に顔が変わってしまいます。

じんましんは皮膚全体に広がる場合もあり、相当な痒みを伴いますが、生命に関わることはありません。

アナフィラキシーショックの治療

急性アナフィラキシーは一刻を争う緊急的な状態です。様子がおかしいと感じたら、すぐに動物病院に連れて行きましょう。

動物病院では点滴や注射でショックの状態を改善させてから、ヒスタミンの影響を抑える治療をおこないます。

アナフィラキシーショックまでは至らない比較的軽度な例では、ステロイドの注射などで経過を観察することもあります。

じんましんの場合は、生命に関わることはありません。

注射でヒスタミンを抑えれば全身のむくみは消失して、しだいに痒みもなくなります。

アナフィラキシーショックの予防

アナフィラキシーショックの原因物質の中にはチョコレートやレーズンなど、犬に食べさせてはいけない食べ物もあります。これらの食品管理は飼い主さんの大切な務めです。

また、普段の生活においては、ヘビに咬まれたりハチに刺されたりしないように、草むらやハチの巣の近くに行かないように、散歩コースの工夫をしましょう。

ワクチン接種の前には激しい運動を控えましょう。

病院へ行くことはワンちゃんの緊張感を高めます。

できれば動物病院までの道のりを歩くのではなく、夏であればクーラーをつけた車に乗せるなどして、ワンちゃんをリラックスさせて連れていくと、アナフィラキシーを起こす可能性が低くなると考えられます。

まとめ

ワクチン接種でアナフィラキシーを引き起こすかどうか、事前予測することは、ほぼ不可能です。

愛犬を危険な場所や危険な食物から遠ざけることが最大の予防策です。

ワクチン接種に伴うアナフィラキシーの発症率は、あるデータによると0.01%程度だそうです。

かなり低い数字ですが、「ゼロではない」ことを充分に意識しておきたいところです。

ワクチン接種後は、顔が腫れる、呼吸が早くなる、嘔吐するなどの異常がないかどうかを観察して、異常がみられたらすぐに動物病院に行ける心構えをしておきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました