犬の血液型についてわかりやすく解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

人間と同じように犬にも血液型があるのをご存知でしょうか。

その種類や判定基準、知っておいて損はない情報についても解説します。

血液型を分類する抗原抗体反応

 

人間の血液型は、赤血球(抗原)と血清(抗体)の違いによって、A型、B型、O型、AB型の4種類に分類されます。

A型の赤血球にはA抗原、B型にはB抗原、AB型にはA抗原とB抗原の両方があり、O型にはどちらの抗原もありません。

一方で、A型の血清には抗B、B型には抗A、O型には抗Aと抗B両方の抗体があり、AB型にはどちらの抗体もありません。

抗体は抗原を異物と判断して攻撃する性質があります。

なぜ血液型の分類が必要なのかといえば、たとえばA型の人間にB型の血液を輸血すると、A型の血清にある抗Bが、輸血した赤血球のB抗原を攻撃して、破壊するといったリスクが発生するからなのです。

人間と異なる犬の血液型

犬の血液型は、DEA(犬赤血球抗原)式による分類がされています。

DEAには(DEA1.1、1.2、3…8)と合計8種類あります。

単独の抗原しかもたない人間とは異なり、犬は複数の抗原をもっています。

どういうことかというと、「DEA1.1(-)、DEA1.2(+)、DEA3(+)…」というように、8種類ある抗原それぞれに対する抗体の有無によって、犬の血液型が決まるということです。

抗体の有無の組み合わせは、計算上は256通り考えられますが、現時点で13種類の存在が判明していて、いまも研究がすすんでいます。

犬に輸血をする緊急事態

輸血が必要なケースとは

事故などによる大量出血や、免疫介在性貧血、多量出血、血管の破綻、骨髄性白血病といった造血機能不全のほか、血小板減少症などの血液成分の不足や凝固因子欠乏や低蛋白血症などで輸血が必要になるケースが考えられます。

注目すべきは「DEA1.1」抗体

犬に輸血処置を施す必要がある際には、事前に血液型をチェックしておく必要があります。

合致しない血液型を輸血すると、体内で副反応を示して命を危険にさらす可能性があるからです。

輸血をしなければならなくなったときに重要なのが、DEA1.1抗体の有無です。

この抗原が輸血時の急性溶血反応という副反応に関連しているからです。

DEA1.1陰性の犬には、DEA1.1陽性の血液を輸血することはできません。

ねこの血液型

ちなみに、ねこの血液型の分類方法は「AB式」です。

主な血液型は、A型、B型、AB型で、日本にいるねこの多くはA型で、B型は少数派、AB型は非常に稀であるといわれています。

まとめ

実際問題として、犬のすべての抗体を調べることは難しく、また、すべての抗体の有無を調査する必要もありません。

大切なポイントは、血液型そのものではなく、DEA1.1抗体が陽性か陰性かを知ることです。

日本国内には犬やねこなどペットのための大規模な血液バンクがなく、その対策として輸血ドナー犬を募集している動物病院があります。

このような病院では、DEA1.1の検査を格安でやってくれたり、特典がもらえる場合があるそうですから、一度行きつけの病院で尋ねてみるといいでしょう。

血液型検査によって、愛犬が他の犬の命を救うことになるかもしれません。

また、いざというときに愛犬の命を守ることにもつながりそうですね。

タイトルとURLをコピーしました