愛犬を留守番上手にする方法を解説

スポンサーリンク
犬とねこ

本来、群れで生活する犬にとって、留守番は大きなストレスです。

でも、日常的に家を留守にする機会が多い家庭はもちろん、なにかの事情で家を留守にしなければならない場合には、ワンちゃんを残して外出しなければならないので心配になります。

できればひとりにさせたくないというのが飼い主さんに共通する感情ですが、愛犬を留守番上手にしつける方法があればいいと思いますよね。

愛犬に留守番をさせるその前に

留守番時間の限界

独り暮らしの飼い主さんの場合、仕事で家を空ける時間は10時間以上になるのではないでしょうか?

愛犬の留守番可能な時間については、個体差があって一概にはいえませんが、成犬の場合で12時間が限度だとされているようです。

ただし、いろんな飼い主さんから聞く限りでは、8時間を超えると我慢の限界がきて、部屋が荒れている場合が多いようです。

留守番のスタート時期

生後半年ごろまでのパピーは、食事も1日3~5回にわけて与える必要があり、排泄の回数も多くなりますから、長時間の留守番は難しいというのが実情です。

留守番をスタートするにあたっては食事や排泄の間隔をみておこなうのがいいでしょう。

幼いワンちゃんにとって留守番は想像以上に精神的な負担が大きいことも理解してあげてください。

飼育当初から長時間の留守が避けられない場合は、ペットシッターや預かりサービスを利用することも検討してみましょう。

その後生後1年以上経った頃から、徐々に長い時間の留守番をスタートできればいいと思います。

留守番のトレーニング方法

最初から長い時間の留守番は避け、短い時間から徐々に慣れさせていきましょう。

犬は飼い主さんの行動に敏感です。

たとえば飼い主さんがリードを手に取ると、愛犬は散歩に行くことがわかってソワソワします。

これはリードが散歩に行くことのサインだと認識しているからです。

飼い主さんが外出する時にも、無意識になにかのサインを発信しているはずです。

たとえば上着を着て出かけるというルーティーンがあれば、上着を着たまま一旦ソファに座るなど、特定行動からはずれる動きをしてみると、外出時の愛犬のパニックを防止することができるという話もあります。

なんにせよ、残酷なようですが留守番に慣れてもらうしか方法はありません。

留守番できる環境が大切

 

危険なものを置かない

室内にいたずらや誤食誤飲につながる危険なものを置かないようにしましょう。

有毒な成分を含む観葉植物、電池やコンセント、電気コードにも注意してください。

ケージやサークルを利用する

安全面や精神的な安定を考えた場合、部屋でフリーにするのではなく、ケージやサークルを使用したほうがいいと思います。

サークルにお気に入りのおもちゃやブランケットなどを入れてあげるとワンちゃんは安心します。

ワンちゃんは狭くて暗い場所が好きな動物ですので、クレート(ハウス)のような狭い空間があると安心できるようです。

室内の温度に注意

ワンちゃんにとって快適な室温は22~25℃、湿度は50%前後です。

冷房や暖房を効果的につかって快適に過ごせるように工夫してくださいね。

その他の工夫

留守中に音楽を流してあげると愛犬のストレスを和らげるのに効果的だという情報もあります。

音量を下げてテレビやラジオを点けっぱなしにしている飼い主さんもいます。

まとめ

頑張ってお留守番ができたワンちゃんには、帰宅後たっぷり遊んだり、大好きなおやつをあげるなどして、飼い主さんの感謝の気持ちを伝えてあげてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました