犬だって寒いんです

グッズ紹介

犬は基本的に暑さに弱い動物のため、高温多湿の日本では暑さ対策についての注意喚起がおこなわれるようになってきましたが、暑さだけでなく寒さに弱いワンちゃんがいることも知っておきたいポイントです。

基本的には犬は寒さに強い

ワンちゃんの体温は人よりも高く、小型犬で38.6~39.2℃、大型犬では37.5~38.6℃です。

犬は体温が高い分、人間よりも寒さに対する耐性があります。

さらに被毛があるため、ワンちゃんが快適と感じる環境温度は人よりも低く、長毛犬種は15℃~20℃、短毛犬種は20℃~25℃だといわれています。

しかし人それぞれに寒さに対する耐性が違うように、ワンちゃんも寒さに対する強さに差があります。

寒さに弱いワンちゃん

小型犬

チワワ、マルチーズ、ミニチュアプードル、ヨークシャテリア、パピヨン、イタリアングレーハウンド、ミニチュアピンシャー、ウィペットなどの小型犬は寒さに弱いといわれています。

身体が小さいことで体温が保ちづらい傾向があるのです。

子犬や高齢犬

幼犬や高齢犬はうまく自分で体温調整ができません。

飼い主さんがしっかりと暖かい環境を用意し、保温対策をしてあげましょう。

シングルコートの被毛のワンちゃん

犬の被毛にはダブルコート(二重毛)とシングルコートの二種類があります。

ダブルコートはオーバーコート(上毛)」とアンダーコート(下毛)の二重構造からなり、寒い地域原産の犬種に多くみられます。

シベリアンハスキーやサモエド、ウェルシュコーギー、秋田犬、ゴールデンレトリーバーが寒さに強いダブルコートの代表犬種です。

シングルコートの犬種はダブルコートのワンちゃんと比較すると、寒さに寒さに弱い傾向があります。

小型犬以外では、ボクサー、グレートデーンなどがその代表です。

室内飼育のワンちゃん

体型の大小や被毛に関係なく、部屋飼いのワンちゃんは、普段人間の生活に合わせて快適な室温で過ごしているため、高温や低温への対応が難しくなっている傾向があります。

防寒対策あれこれ

犬は背中に比べておなかの毛が少ないので、地面からの冷気を強く感じます。

寒い日の散歩は運動して体が温まるだろうと油断せずに、洋服を着せるなどの対策をしましょう。

室外飼育の犬の場合は、犬小屋に隙間風が入らないようにするのが基本ですが、同じ理由で、毛布を上からかけるよりも下に敷くほうが効果的です。

室内飼育の場合は、寝床を直射日光の当たらない暖かい場所へ移動し、カーペットや毛布を敷くなどの寒さ対策をおこないましょう。

寝床自体も保温効果のあるドーム型の犬用ベッドにしてあげると、温かい空気を逃がさないようにできます。

暖房器具については、ストーブや電気カーペット、ファンヒーターやオイルヒーター、エアコン、犬用ヒーターなど様々なものがありますが、中でもおススメなのはエアコンとオイルヒーターです。

愛犬が火傷や低温火傷などのケガをするリスクがないのがおススメする理由です。

暖房器具を使用するとどうしても室内が乾燥し、ウイルスに感染しやすくなりますから、室内で加湿器を併用するとなおいいと思います。

【犬・猫グッズの総合サイト『PEPPY(ペピイ)』では防寒具や服も取り揃えています】

犬・猫グッズがなんでも揃う通販サイト『PEPPY(ペピイ)』

タイトルとURLをコピーしました