【万病のもと】犬の便秘の解消法

ペットヘルスケア

人間と同様にワンちゃんも便秘になります。

便秘は万病の元です。人間が便秘になったら、自ら整腸剤を飲んだり、食事に気を配ったりできますが、ワンちゃんの便秘を解消してあげられるのは飼い主さんしかいません。

食事や運動の改善など、原因に応じた解消法を考えてあげてください。

便秘の原因

犬の場合にも個別差はありますが、正常な排便は平均としては成犬で一日に2回程度(子犬はもっと多いです)が基本です。

2日間ウンチが出ていない状態ならば、便秘といえると思います。

ストレス

引越しによる環境の変化や食事や散歩の時間がバラバラなために生活リズムが乱れているケース、トイレの粗相で叱られた恐怖体験など、さまざまなストレスによって便秘になってしまうことがあります。

運動不足

犬は運動をすることで、胃腸の働きを高める副交感神経が活発になり、蠕動運動も起こり消化促進や便秘解消につながります。

散歩の時に必ずウンチをするという子が多いのはこのような理由からです。

水分不足

あまり水を飲まないワンちゃんは便秘になりがちです。

そのようなケースは、食事の際にドッグフードにお湯をかけてふやかすなど、できるだけ水分を摂らせるように工夫してください。

食事の変化による便秘解消法

ドッグフードを代えてみる

愛犬とドッグフードの相性が悪い場合やドッグフードが粗悪な場合、下痢や便秘といったウンチのトラブルがかなりの確率で現れます。

質の悪いドッグフードには、粗悪な原料や油分、添加物が多く含まれています。高カロリーのフードが体質に合わないこともあります。

このような場合は、ドッグフードを変えてみるのがオススメです。

【安心犬活】健康の基本は上質なフードから

食物繊維を取り入れる

また、食物繊維不足も便秘になりやすい原因です。海藻類やこんにゃく、きのこ類をフードに取り入れるのもひとつの方法です。

また、このような成分を含んでいるフードへの切り替えも同様に有効です。

乳酸菌食品や整腸剤を利用する

腸内環境が整っている状態ならば腸内の善玉菌が消化や蠕動を助けてくれますが、善玉菌が減ってくると継続して体調を整えることが難しくなります。

善玉菌は加齢とともに減っていきます。

善玉菌を増やしたり維持することは、便秘対策だけでなく健康長寿の秘訣にもつながるといわれています。

毎食後にプレーンヨーグルトや犬用の整腸サプリメントを与えて、オリゴ糖や乳酸菌、ビフィズス菌を摂取させてあげましょう。

人間用の整腸剤「新ビオフェルミンS」を与えている飼い主さんもいると思います。獣医さんがおススメすることもあるそうなので、与えても問題はないでしょう。

カルシウムの摂りすぎに注意

丈夫な骨や歯を作るためにカルシウムは欠かせない栄養素です。

「犬は人間の14倍カルシウムが必要」といった情報が一人歩きして、カルシウム摂取過多になっているワンちゃんも多いようです。

カルシウムを摂取しすぎると便秘を引き起こすことが知られています。たまにカルシウム系のおかしをあげると、次の日のウンチはガチガチになるという経験がある飼い主さんもいるでしょう。

まとめ

愛犬の健康を確認するために、毎日の排泄をチェックしましょう。

オシッコの色や量、回数、ウンチの回数や形状、質などの状況を観察して、異常があったら行きつけの動物病院に相談してください。

ウンチの場合は、便秘が2日以上続いたら放置しては駄目ですよ。

【安心犬活】健康フードで愛犬の健康寿命を延ばす

【安心犬活】健康の基本は上質なフードから

タイトルとURLをコピーしました