【賛否両論】犬に服を着せること

スポンサーリンク
グッズ紹介

街で洋服を着た犬を見かけたらどう思いますか?

「おしゃれ、かわいい」と思う人もいれば、「かわいそう」と思う人もいると思います。

犬の服を専門としたブランドもありますし、人間の服よりも高価なものも増えました。

着せ替え人形のように愛犬に服を着せている飼い主さんについて、あまりいいイメージをもっていない人も多いでしょう。

犬には立派な毛皮があるから洋服なんて必要ないと思う方も多いですよね。

そこで今回はファッションではなく実用面について、ワンちゃんの服問題を検証していきたいと思います。

ワンちゃんの服のメリット

まずは、メリットをいくつか考えてみました。

ペット同伴可のお店を利用する場合のエチケット

ワンちゃんの入店可能な飲食店や公共施設を利用するときには、愛犬に服を着せてあげることで、周りへの配慮になります。

これらのスペースは必ずしも犬が利用することを前提としているわけではないので、犬が苦手な方や犬アレルギーをお持ちの方など、犬同伴であることを好ましく思わない人も利用します。愛犬に服を着せることで、抜け毛を軽減させることができますし、その犬が清潔であるという印象を与えることができるでしょう。

体温調節

体温調節がうまくできない子犬や老犬は、冬の寒さや夏場の冷房の効いた室内でも体温が低下しやすいです。

服を着せることで、寒さを防ぐことができます。

とくにシングルコートの小型犬種については風邪ひき防止の効果があると思います。

汚れ防止や被毛保護

ドッグランや雨の日の散歩、キャンプなどのアウトドアを楽しむときにワンちゃんの被毛の汚れを防ぐ効果があります。

感染症や植物、虫由来の皮膚の炎症からワンちゃんを守る効果もあるでしょう。

雨の日にレインコートを着せているワンちゃんを見ることもありますね。

交通事故防止

とくに毛色の黒いワンちゃんの場合、夕刻の散歩で姿が闇に溶け込んでしまう危険があります。

交通事故防止のために、明るい色の服や蛍光色のラインの入った服を着せると有効です。

犬の服問題に思うこと

体の動きが制限されて、たしかに窮屈そうに見える場合もありますが、それでも飼い主が喜んでいる姿を見て愛犬も喜ぶという主張もあります。

これにはちょっと人間のエゴを感じてしまいますが、皮膚病をもっているワンちゃんが外出する際には便利でしょうし、チワワのように寒さに弱い犬種に純粋に防寒具としての服を着せることについては合理的な理由はあるでしょう。

必要なケースで服を着せることについては、ワンちゃん自身も周囲の人間も、それほど抵抗感はないように感じます。

注意したいのは、嫌がる場合には無理に着せないということです。

ワンちゃんの服に抵抗があるのは、犬を飼っていない人が多いように感じます。

機能以上に華美な服装について不快感をもつ人は少なくないと思いますので、人間のエゴにならないように、上手に使いこなせるといいですね。

 

こんなレインコートなんかはいいと思う。

タイトルとURLをコピーしました