愛犬の抜け毛対策を解説

スポンサーリンク
グッズ紹介

室内で犬を飼ううえで悩みがつきないのは抜け毛対策です。

犬の被毛は人間の毛髪よりもずっと細いので、フワフワと宙に舞って、家具やフローリングの隙間に入り込んだり服についたりと、非常にやっかいな性質があります。

愛犬の抜け毛の掃除は飼い主さんの悩み

抜け毛を放置すると害虫の発生など衛生的に問題があるだけでなく、愛犬の体に抜け毛が絡まると、毛玉や皮膚トラブルの原因にもなります。

室内に落ちた抜け毛はハウスダストの温床になり、飼い主さんや家族の健康を脅かすこともあり得ます。

家具の隙間に入り込んだ毛や、カーペットに絡んだ毛はなかなか掃除機で吸い取れないことが多いので、掃除の仕方についてはどの飼い主さんも悩んでいることでしょう。

犬の抜け毛のサイクル

犬の被毛は、毛が生え変わる周期(毛周期)に応じて、役割を終えた毛が抜け落ちてあたらしいしい毛に生え変わります。

抜け毛が多い犬の特徴

皮膚を保護するオーバーコート(上毛)と、保温の役割があるアンダーコート(下毛)の二重構造(ダブルコート)になっている犬は抜け毛が多い傾向があります。

年2回の換毛期には物凄い量の毛が抜け落ちます。

抜け毛の少ない犬の特徴

アンダーコートがないシングルコートの犬種には換毛期がなく、ダブルコートの犬種に比べると抜け毛は少ない傾向があります。

ただし、シングルコート、ダブルコートに関わらず抜け毛は発生するので、ブラッシングなどのお手入れは欠かせません。

抜け毛の少ない犬種

抜け毛が少ない犬種を紹介します。

シングルコート、もしくはダブルコートでもアンダーコートが少ない犬種は抜け毛が少ない傾向があります。

【抜け毛が少ない代表的な犬種】
シーズー、プードル、チャイニーズクレステッドドッグ、パピオン、ビションフリーゼ
マルチーズ、ミニチュアシュナイザー、ヨークシャーテリア

室内の掃除のコツ

掃除をする場合は部屋の隅から中心へ、高いところから低いところへおこなうのが効率的です。

気になるのはカーペットや布地のソファなどへの付着だと思います。

定番は粘着テープがついたローラーですが、裏技として紹介したいのがイボイボのついた作業用軍手でなでる方法です。

驚くほど毛がよく取れるので、ぜひ試してみてください。

掃除のほかには、シャンプーによって抜け毛を除去する方法もあります。

当然ですが、人間用ではなく犬用シャンプーを使ってくださいね。

まとめ

愛犬の抜け毛対策の基本はブラッシングです。

体に付着して残っている抜け毛をブラシで取り除き、飛散を防ぐことができるので、掃除も楽になります。

それにしても、換毛期の掃除は大変です💦

どれだけブラッシングしてもキリがないと感じることもありますが、換毛期にはブラッシングをいつもよりもマメおこなって、少しでも労力を減らしましょう。

また、ワンちゃんを飼いたいけど、「掃除が大変そう」と気が引けている人は、今回紹介した抜け毛の少ない犬種を検討してみてはどうでしょうか。

犬の換毛期の対策を解説
発汗による体温調整ができない犬にとって、被毛は体温調整の機能を担う大切な機能です。 夏の暑さや冬の寒さに対応するために、春と秋に被毛が大きく生え変わる換毛期がやってきます。 暖かくなる春には保温性が高くふわふわした冬毛が抜け落ち...
タイトルとURLをコピーしました