犬フィラリア症について解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

犬フィラリア症は、寄生虫であるフィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)が蚊を媒介にして、犬の体内に入って心臓の機能障害を引き起こす感染症です。

まれに、ねこに感染することもありますが、人間に感染することはありません。

かつては犬の死因として多かった病気で、あの「忠犬ハチ公」の死因が犬フィラリア症だったともいわれています。

犬フィラリア症発生のプロセス

フィラリアを媒介するのは、蚊です。

蚊がフィラリアに感染した犬の血液を吸血して蚊の体内にフィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)が入り、その蚊が別の犬を刺すことで、次々とミクロフィラリアの感染を広げます。

犬の体内に入ったミクロフィラリアは、犬の血管の中で成長して、やがて成虫になると心臓付近に寄生します。

感染の症状

犬フィラリア症になると、軽症の場合はときどき軽い咳をすることがあります。

その後、食欲不振や活動が少なくなり、最終的には腹水が溜まって呼吸困難の症状を呈します。

ときに症状がほとんどないまま、急性症状ののち数日で亡くなることもあります。

犬フィラリア症の治療法

まずは血液検査をして、血中にミクロフィラリアがいるかどうかを検査します。

あわせて超音波などで、心臓付近に寄生している成虫の数を調べます。

成虫の数が少量であれば、成虫用の駆虫薬を飲ませる内科的治療をおこないます。

もしくは外科手術で虫を摘出する施術をおこなう場合もあります。

頸静脈から長い鉗子(かんし)を挿入して寄生虫を摘出する手術なのですが、麻酔のリスクや手術の難しさから実際におこなわれる例は少ないようです。

あとは溜まった腹水を除去するなどの対処療法しか残されていません。

恐ろしい犬フィラリア症は完全に予防できる

犬フィラリア症への対抗処置としては、飲み薬・滴下剤・注射の3つの方法があります。

いずれもフィラリアに感染しないための薬ではなく、フィラリアに感染しても幼虫をすぐに殺してくれる駆虫薬です。

飲み薬は、錠剤の他におやつのようなものがあり、月に1回飲ませます。

蚊が飛び始める3~4月から11月~12月くらいまでの8ヵ月間程度、継続して飲ませる必要があります。

滴下剤は、首の下に薬を垂らすタイプです。

フィラリアだけでなくノミ・ダニ予防の薬とあわせたものが多いですね。

注射は1回打つと半年~1年間、効果が持続します。

これらの対策を講じれば、ほぼ100%フィラリア感染症をストップさせることができます。

まとめ

かつてフィラリアの予防が一般的でなく、外飼いの犬が多かった時代は、犬フィラリア症は犬の死因として上位にあげられていました。

しかし予防についての認識が広がり、飼い主さんが積極的に予防を行った結果、フィラリアが原因で死亡する犬は激減しました。

しかし、犬フィラリア症が根絶したわけではありません。

フィラリアは「十分に予防をすれば心配のない病気」です。

飼い主さんは責任を持って、愛犬のためにきちんと予防をしてください。

予防薬はインターネットで販売されているケースもありますが、きちんとかかりつけ医に処方してもらったものを購入するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました