犬のしゃっくりを解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

人間のしゃっくりは、胸部と腹部を仕切る横隔膜が急速な収縮を起こすことによって、自分の意思とは関係なく発生する反射運動です。

食べ過ぎや飲み過ぎ、気温変化などの刺激によって発生する場合が多くみられ、幼児が体を冷やすと、しゃっくりが出やすくなります。

犬のしゃっくりとは

犬はしゃっくりをする?

あまり頻度は多くありませんが、ワンちゃんもしゃっくりをします。人間と同じように、呼吸中枢や横隔神経が刺激をされることによって横隔膜がけいれんを起こして、しゃっくりが生じます。

しゃっくりの原因

犬がしゃっくりを起こすきっかけは、早食いをはじめ、不安や興奮やストレスによる呼吸の乱れが多いといわれています。

そのほか呼吸器や消化器などの病気が原因で、しゃっくりが起こるケースもあります。

しゃっくりへの対応

突然愛犬がしゃっくりを始めたら飼い主さんは驚くと思いますが、しゃっくりで命を落とすことはないので、まずは落ち着いていくつかの方法を試してみましょう。

ポイントは愛犬の気持ちを落ち着かせることです。

飼い主さんが焦ってしまうと、ワンちゃんも不安になってしまう恐れがあります。

気持ちが落ち着けば、自然としゃっくりは収まります。

やさしくお腹やのどを撫でてあげたり、飼い主さんの指を舐めさせて気持ちを落ち着かせてあげましょう。

しゃっくりの予防

犬のしゃっくりの予防法を、発生原因をもとに考えてみましょう。

早食いの防止

犬のしゃっくりの原因の多くは早食いです。食道にフードが詰まったり、胃に一気に大量のフードが入ると、食事中でもしゃっくりが出やすくなります。

フードの形状や粒の大きさを変える

フードの粒の大きさを変えるだけで、しゃっくりが起きにくくなる場合もあります。

とくにお気に入りのフードが決まっていない場合は、小さめの形状のフードに変更してみてはどうでしょうか。

ドライフードを食べてもしゃっくりを起こすようなケースでは、フードをふやかしてから与えたり、セミモイストタイプやウェットタイプと混ぜて与えるといった工夫もしてみましょう。

不安や興奮をしずめる

不安な気持ちになるとしゃっくりが出るというワンちゃんには、不安の原因を取り除いてあげるのも予防法のひとつです。

どんなシチュエーションや精神状態でしゃっくりが出やすいか、日頃から観察しましょう。

興奮するとしゃっくりが出るワンちゃんの場合は、なるべく興奮させすぎないようにしましょう。

飼い主さんが必要以上に高い声や大声を出したり、オーバーリアクションを取ったりしないことや、フードを見て大興奮してしまうワンちゃんには、「お座り、待て」で一度気持ちを落ち着かせてから食事を与えるようにしましょう。

病気の場合もある

しゃっくりのほかに、咳やいびき、嘔吐するような仕草などの症状が併発する場合は、呼吸器や心臓の疾患の可能性があります。

異常を感じた場合はなるべく早く動物病院に相談しましょう。

喘息、肺炎、胸膜炎や心膜炎、心臓肥大が原因でしゃっくりが出ることがあり、胃捻転やてんかんの場合は、しゃっくりが長く続くことがあるそうです。

病院に行く前にどのような状況でしゃっくりが出たのかを記録しておくと問診の際に役立ちます。

まとめ

しゃっくりは、ときどき出る程度ならとくに心配はないと思います。

ただし、頻繁に繰り返すしゃっくりを改善できない場合やほかの症状を併発している場合は、獣医さんに相談してみましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました