【素材やサイズや形それぞれ】犬の食器の選び方を解説

グッズ紹介

ワンちゃんの食器には、様々な大きさや材質、デザインがあって、どんな器を選んだらいいのか迷ってしまいます。愛犬にとって使い心地がよく、飼い主さんも手入れのしやすいモノを基準に選びたいですよね。

食器の材質

食器の材質としてはステンレス、陶器、プラスチックが代表的です。それぞれの材質にどのような特徴があるか解説していきます。

ステンレス

ステンレスは落としても割れず、軽くて洗いやすく、微細なキズがつきにくいという特徴があり、犬用の食器としては理想的です。丈夫で壊れにくいので噛み癖があるワンちゃんでも安心して使えます。微細なキズがつきにくいという点は重要で、雑菌が繁殖しにくのがメリットです。

デメリットは軽いことで、ご飯を食べるときに食器が動いてしまうことです。ただし、この点は食器台を付けることで解消できますし、器の裏側にゴムの滑り止め加工がされている製品もあります。

陶器

器に重さがあって安定しているため、ご飯を食べるときに食器が動かずに食べやすいのがメリットです。ステンレスと同様にキズがつきにくく、雑菌が繁殖することはありません。絵付けやデザインも豊富ですが、割れやすいのが陶器の欠点です。

また、大型犬の場合は大容量の陶器製の食器を探すのは難しいかもしれません。

プラスチック

ステンレスや陶器と比べると安価で、軽いので落としても割れません。欠点としては、軽くて不安定なことと、表面に微細なキズがつきやすいことが挙げられます。微細なキズがあると、雑菌が繁殖しやすいのです。また、噛み癖がある場合は簡単に変形したり破損してしまいます。

長く使わず、定期的に買い替える前提であればプラスチックでも大丈夫です。

早食いが気になるワンちゃんには、プラスティック製の早食い防止の食器がおススメです。食器の中がでこぼこで迷路のように複雑なつくりになっていて、早食いをしづらくしてある製品があります。

器の大きさと形状

口径について

器の大きさを選ぶコツは、愛犬の頭の鉢がすっぽり入る器を選ぶことです。なぜなら、犬は自分の頭ごと器に突っ込んでごはんを食べるため、愛犬の頭の鉢がすっぽり入ってくれないと器としては小さすぎるのです。

器の高さについて

足腰や関節が弱いワンちゃんや、ヘルニアになりやすいといわれているダックスフントやウェルシュコーギーなどは、地面に直接食器を置くのではなく食器台を利用するのがおススメです。

食器が高い位置にあることで首や足腰に負担がかからないほか、食器が安定して食べやすくなります。

また、大型犬種についても、食器を地面に直接置くと前かがみが深くなることから、食事の逆流防止や前脚への負担軽減のために食器台を使ったほうがいいでしょう。

器の形状について

コッカースパニエルやダックスフントなどの垂れ耳の犬種は、食事の際に食器の中に耳が入ってしまうことがあるので、食器の上部が少し狭くなっていて、高さがあるタイプを選びましょう。

ハウンド系の犬種や柴犬、プードルなど鼻が長いワンちゃんは器の口径が小さめで安定感のある器が適しています。

パグやブルドック、ペキニーズなどの短頭種の場合は、食器の底が深いと食べにくく、首に負担がかかるので、浅いタイプの食器を選びましょう。

まとめ

ワンちゃんにとって食事の時間は、一日の中で最も楽しみな時間です。ワンちゃんが楽に食事できることを大前提に食器を選びましょう。成長の過程によって器を替えていくことも必要です。

どの食器を選んだとしても、飼い主さんは常に清潔に保つように心がけてくださいね。

犬用グッズなんでも揃う『PEPPY(ペピイ)』

タイトルとURLをコピーしました