愛犬の免疫力強化に取り入れたい食材を解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

愛犬の健康な生活を維持するためには、免疫力をアップさせることが重要です。

わたしたちもカゼを引いた時には「免疫力が落ちたから」とか、年齢を重ねると「免疫力を高めるサプリメントを取り入れよう」といったことをいいますよね。

これはワンちゃんでも同じです。

健康を維持するためにはさまざまな要素がありますが、なかでも食事の工夫によって免疫力強化をすることで、ワンちゃんの健康寿命を永らえることができます。

免疫力が重要である理由

免疫力とはなにか

免疫とは、健康を害する細菌やウイルス、がんなど異常な細胞を攻撃して、排除する自己防衛機能のことです。

これは人間でもペットでも同じことで、免疫力が低下すると感染症にかかりやすくなったり、アレルギー症状が出やすくなったり、がんなどの重篤な病気を発症するリスクが高まります。

逆に免疫力が高まると、さまざまな感染症や病気にかかりにくくなり、罹患しても軽症で済んだり、皮膚や被毛が健康なコンディションになるなどの効果があります。

免疫力を高める方法

免疫力を高めるためには、ストレスを与えないこと、質のよい睡眠を取らせてあげることのほか、適度な運動とバランスのよい食事が基本になります。

なかでも食事については、飼い主さんのひと工夫で大きく改善します。

免疫力を高める食べ物

免疫力を高める食べ物とは善玉菌を増やして腸内環境を整える食品や食材です。

免疫細胞の約70%は腸内に存在するため、腸内を健全に保つことは免疫力強化に直結するといわれています。

早速、どのような食べ物が免疫力を高めてくれるのかご紹介していきます。

ヨーグルト

ヨーグルトに含まれている乳酸菌やビフィズス菌は、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らす働きをもち、腸内環境を整える効果があります。

ヨーグルトから摂取した乳酸菌やビフィズス菌は、やがて体外へ排出されてしまうので、継続的に摂取するほうが効果的です。

ワンちゃんには犬専用の善玉菌サプリメントや補助食品がありますが、人間用のヨーグルトを与える際には、砂糖不使用のプレーンのものにしましょう。

納豆

発酵食品の納豆はヨーグルトと同様の効果があります。

さらに納豆は、免疫力を高めるタンパク質、ビタミンB群やビタミンEなど、さまざまな栄養素を豊富に含んでいて、優れた抗酸化作用があることも知られています。

当たり前ですが、タレやからし、薬味を入れるのは絶対にダメですよ。

大豆アレルギーをもっているワンちゃんに与えることも控えましょう。

バナナ

バナナに含まれているオリゴ糖は、乳酸菌やビフィズス菌のエサとなって善玉菌の増殖を促し、腸内環境を整えてくれます。

またバナナは抗酸化作用のあるポリフェノールも含んでいます。

熟したバナナほどポリフェノールの含有量が多いといわれています。

リンゴ

リンゴには腸内環境を整えるペクチンや、強い抗酸化力を持つりんごポリフェノールなど、免疫力向上につながる栄養成分がたっぷり含まれています。

にんじん

にんじんに豊富に含まれるβカロテンは、強い抗酸化作用で有害な活性酸素の発生を抑える働きがあります。

βカロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変換され、免疫力を高める効果を発揮します。

柔らかく茹でてすりおろしたり、細かくカットして与えるのがおすすめです。

まとめ

今回紹介した食材を愛犬の普段の食事にプラスしたり、おやつとして与えてみてもいいでしょう。

塩分や糖分を加えた人間用の食品は避け、カロリーの摂りすぎに注意して与えてくださいね。

免疫力を高めるためには、食事の工夫のほかにも、散歩や日光浴をさせることと生活リズムを整えることが重要ですよ。

 

タイトルとURLをコピーしました