愛犬の贅沢病対策を解説

スポンサーリンク
ペットフード

愛犬がフードを食べない、食べムラがあるなど、偏食で困っている飼い主さんは多いですよね。

普段のフードを食べなくなった場合、健康に問題があるように見えず、歯周病でもなければ、贅沢病の可能性が高いでしょう。

贅沢病になる原因

犬の贅沢病の最大の原因は、オヤツのあげすぎです。

トレーニングやしつけのご褒美としてあげる分には問題ないのですが、日常的に与えていると、犬はおやつの味に慣れてしまって、ドッグフードを好まなくなるのです。

こうなると、飼い主さんとの根比べになります。

根負けした末に「かわいそうだから少しだけ」などと甘やかしてしまうと愛犬の思うつぼです。

オヤツが欲しいばかりに、犬は学習して同じ作戦を何度も使うようになります。

オヤツの誘惑

オヤツは香りが強く、犬の食欲を促すように加工されています。

トレーニングやしつけの時にご褒美のオヤツをあげるケースがあると思います。

もし、オヤツをあげすぎているのであれば大いに問題があります。

オヤツだけでは充分な栄養が摂れないので、まずは主食のドッグフードを食べてもらわなければなりません。

ご褒美のオヤツは、できるだけ細かくして少しずつ与えるべきです。

人間の食べ物を与えるのは絶対NG

食事時に自分が食べているご飯や味付けの強いおかずをあげている飼い主さんはいませんか?

味の濃い物をあげると、犬はその味を覚えてしまいます。

そればかりでなく、人間の食べ物を与えることによって栄養バランスが崩れ、腎臓への悪影響も懸念されます。

ドッグフードを食べさせるコツ

飼い主さんの心構えが重要

単なるわがままでフードを食べない犬には、「ドッグフードを食べないとほかには何も食べられない」と思ってもらうことが重要です。

キラキラした目でオヤツを催促されても、そこはぐっと我慢です。

愛犬たちの食生活を正すために、飼い主さんが心を鬼にして頑張りましょう。

シニアや食の細い愛犬にはひと工夫を

シニアや食が細い子には、犬用のミルクや缶詰をトッピングしたり、ぬるま湯を足してふやかしてフードのニオイを強め、食欲を促してあげてください。

さつまいもやかぼちゃなど、甘い味の野菜をトッピングしたり、ペースト状にして食べやすくしたりするのもオススメです。

野菜や肉などを食べさせる場合は、味付けする前のものを与えてください。

トッピングする場合は、いずれも毎日ではなく、週に1回だけと日にちを決めてフードに混ぜて与えましょう。

思い切ってフードを替えてみる

あまりにも現在与えているフードを食べない場合は、ほかのフードに切り替えてみるのもいいかもしれません。

少し高級なナチュラルフードに替えると、喜んで食べてくれることが多いようです。

頑固な愛犬には荒療治も

どうしてもドッグフードを食べない場合は、すぐに下げて、次の食事の時間まで食事を与えないという荒療治を検討してもいいでしょう。

まとめ

贅沢病を改善するためには、飼い主さんの覚悟が重要です。

ただし、愛犬がいつものドッグフードを食べなくなった原因を贅沢病だと決めつけるのは、少し早すぎるかもしれません。

なぜならそれは、病気や体調不良による食欲不振の場合があるからです。

数日様子を見て、食欲が戻らないようであれば病気を疑いましょう。

その際には、食欲不振のほかに症状があるかどうかを観察してください。

タイトルとURLをコピーしました