【悩んでいませんか】適正な愛犬の食事回数を解説

ペットフード

人間が年齢とともに食が変化していくのと同様に、犬も年齢にしたがって食べる量や内容が変化していきます。すくすくと成長する子犬の時期、活発に動き回る成犬の時期、エネルギーの消費が少なくなるシニアの時期、それぞれの年齢にふさわしい食事回数や量について改めて考えてみましょう。

平均的な食事回数

子犬の時期は1日3~4回

子犬が生まれて3週間くらいまでは授乳期で、母犬の母乳を飲んで育ちます。生後4~8週間は乳歯が生え始め、離乳期になります。

ペットショップやブリーダーから子犬を迎えたタイミングによって、離乳できているか、固いフードが食べられるかを確認しましょう。

子犬は成犬に比べて、成長や活動のために多くのエネルギーを要しますが、消化器官が未発達なので、たくさんフードを与えると嘔吐や下痢を起こすことがあります。食事は一日に必要なカロリーを計算し、3~4回に分けて与えましょう。

子犬の内は体重を気にする必要はあまりありません。一食でも摂り損なうと低血糖に陥ることがあるので、きちんと食べられているかどうか、様子を見守ってください。逆に下痢や軟便が続くようであれば、一度の食事の量が多すぎる可能性があります。

成犬の食事は1日2回が基本

犬が急激に成長するのは、だいたい生後6カ月までで、それ以降は成長が緩やかになり、消化器官が発達して一度にたくさんのフードが食べられるようになります。

したがって生後6か月を過ぎたあたりからは一日に必要なカロリーを2回に分けて与えるのが基本ですが、1日3回でもその日一日分の量を調整していれば問題はありません。ドッグフードの栄養をきちんと吸収できるように、また体に負担をかけすぎない食事回数を心掛けましょう。

シニア期は小分けにして与える

一般的に犬は7歳頃からシニア世代に入るといわれています。

シニア期になると消化機能がだんだんと衰えて食が細くなります。そのため、成犬時より一回の食事量を減らして、そのぶん食事回数を増やすことがポイントです。

歯が弱っていると食いつきも悪くなるので、老犬用フードへの切り替え準備を始めてみましょう。

シニア期の犬の食事回数は1日3~4回が基本ですが、体力が衰えてきたら、さらに給餌回数を増やして少量ずつ与えてください。

シニア期は便秘になりやすい傾向があるので、食物繊維をとり入れるようにするなど、食事の内容に気を配りたいですね。

食事の様子がおかしいときは

年齢に合わせた食事回数を心掛けているのに、それでも食欲がなく必要量のフードを食べきれない場合には、好き嫌いの問題であればフードを変えてみるなどして確認し、そうでない場合は獣医師さんに相談しアドバイスをもらいましょう。こまめなチェックが、愛犬の健康的な生活につながります。

まとめ

年齢や健康状態によって適正な食事量は変化します。子犬は1日4~5回、成犬は2回、シニアは3~4回が目安になりますが、適切な給餌回数には個体差がありますので、ワンちゃんのストレスにならないように工夫しましょう。おやつのあげ過ぎで食事をとらなくなることもあるので注意ですよ。

【安心犬活】健康フードで愛犬の健康寿命を延ばす

安心犬活】健康の基本は上質なフードから

タイトルとURLをコピーしました