【危険】ドッグサロンの歯石除去に注意

ペットヘルスケア

ワンちゃんのひどい口臭の原因は歯石であることが多く、成犬の80%以上が歯周病に罹患しているというデータもあって、多くの飼い主さんが悩んでいると思います。

歯石を放置すると虫歯や歯周病、歯槽膿漏を招き、さらに放置すると口の中の細菌が全身に移って、最悪のケースでは死亡する危険もあります。

日常のケアとしては歯磨きをおこなうことが重要ですが、なかなか上手に歯磨きできないワンちゃんもいると思います。

歯周病のしくみ

歯周病の原因は、食べ物かすが歯に付着して歯垢になり、やがて歯石になるとじわじわ歯肉を侵食して歯周病を引き起こします。

そのまま歯周病を放置すると、歯が抜けたり下顎の骨を侵食するなど、深刻な状態に陥る場合があります。

獣医歯科でおこなわれる治療

頑固な歯石はシロウトが除去するのが難しくなりますので、歯科専門の獣医さんを受診することをおススメします。

獣医歯科では、ほとんど人間と同じような治療がおこなわれます。

人間の治療と異なるのは、全身麻酔でおこなわれるということです。

歯石除去の手順

カウンセリング

ワンちゃんの口腔内のコンディションに応じて治療の確認をおこなっていきます。

スケーラーによる歯石除去

全身麻酔をしたうえで、人間の歯科医療でも使われるスケーラーを用いて歯石を削り取っていきます。

ポリッシング(研磨)

歯石除去が終わった直後の状態の歯は一見きれいに見えますが、日常生活で付いた細かいキズが点在し、表面はザラザラとしています。

キズや凹凸のある状態を放置しておくと、その箇所にまた歯石がたまってしまうため、数種類の特殊なペーストを使用して丁寧に研磨していきます。

コーティング

最後にフッ素処置をおこなって歯の表面を強化し、汚れにくく、虫歯になりにくい健康的な歯に仕上げていきます。

定期的なカウンセリング

どんなに予防やホームケアをしていたとしても、数か月後には必ず歯石は必ず付着してくるそうです。

可能であれば以後は半年~1年に一度、歯の専門医による定期健診が推奨されています。

医療施設以外での施術が危険なわけ

ドッグサロンやペットショップなどの診療施設でない施設で歯石除去をおこなっているところもあるそうですがとても危険です。

ちなみに日本には法規制はなく違法行為ではありませんが、アメリカでは、獣医師のライセンスのない者が歯科処置をおこなうことは違法で、罰則も課せられています。

技術不足

ドッグサロンなどで施術をおこなう担当者の技量は未知数です。

経験や技術がない素人によるハンドスケーラーによる施術では表面的な歯石しか取れないばかりか、歯の表面に目に見えない細かな傷をたくさんつくり、あらたな歯石を付着しやすくしてしまいます。

診察なしで施術するリスク

ワンちゃんの体調不良は、口腔内だけでなく内臓系の疾患であることが決して少なくないので、動物病院では、治療前に必ず基本検査をおこない、ワンちゃんのコンディションを確認してから治療をおこないます。

当然ながら、事前に何か異常が認められた場合は、歯科治療を一旦ストップして身体の精密検査をおこない、あらためて歯科治療の可否を判断します。

診療施設でなければ、何らかの病気があっても発見できずにそのまま施術してしまうことになりますから、極めて危険です。

出血の可能性

歯周病を罹患した歯肉は腫れるので、歯肉に少しでも触れると出血します。

動物病院では、衛生管理を徹底して細菌感染を防ぎ、適切に止血しますが、それらの行為は医療行為なので診療施設ではない施設ではおこなえません。

無麻酔で施術する危険

ワンちゃんの歯科処置には全身麻酔が必要です。

どの飼い主さんも、全身麻酔に対して不安や抵抗があると思いますが、ペットに痛みや苦痛を与えず安全に処置をおこなうために、全身麻酔は必須なのです。

しかし、医療施設ではないショップでは麻酔治療ができないので、無麻酔による施術がおこなわれています。

無麻酔で歯石除去をおこなうことは優しい行為に写るかも知れませんが、もし現場を見ればゾッとするはずです。痛みや恐怖で怯える子をどうやって抑え込んで処置をするのか、想像したくもありません。

まとめ

歯石除去はかならず獣医歯科でおこないましょう。

ほとんどのペット保険も適用内ですので、事前に保険加入もお忘れなく。

万が一、ペットサロンで事故が起こっても保険は適用されませんから、その点は注意してください。

本当は獣医さんに行く前に、自宅でしっかり口腔ケアができれば一番いいのですが💦

■ペットの保険選びは【保険スクエアbang!/ペット保険】■

タイトルとURLをコピーしました