犬の水泳のコツについて解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

愛犬と海や川へ出かけて一緒に水遊びを楽しんでいる飼い主さんもいると思います。

犬を水の中で泳がせることは、足腰の強化やダイエットに効果があるといわれていますし、何よりもストレス発散になりますね。

そもそもどんな犬でも泳げるのか

犬は、基本的に泳げる動物です。

たとえば、水際の狩りのサポートをしていたプードルやレトリーバーは水泳が上手です。

これらの水猟犬は本能的に水を好み、水を見ると無意識に飛び込んでしまうこともあります。

ただし、すべてのワンちゃんが水泳上手とは限りません。

ブルドッグなど頭の大きな犬種やダックスフンドのように胴長の犬種は、体の構造上、泳ぎが苦手な傾向があるほか、イタリアン・グレーハウンドやドーベルマンといった脂肪の少ないスレンダー体型の犬種は浮力が足りないため、うまく泳げないこともあるようです。

また、名前に「マウンテン・ドッグ」のつく犬種も、山での活動に特化して育種されているため、泳ぐことを苦手にしており、一般的に日本犬の多くも、泳ぎが不得意だといわれています。

そもそも最近の家庭犬は水につかる機会が少ないため、ほとんど泳げない子もいるようです。

自宅で水泳のトレーニングをしてみよう

泳ぎの経験がないワンちゃんに、自宅で水泳のトレーニングをしてみましょう。

トレーニングは、子ども用のビニールプールや風呂を使います。

浅く水を張ったところに、ワンちゃんの両脇を抱えるように抱っこして水の上に構えると、本能的に水を掻く動作を始めます。

その動きが見えたら水中に下ろします。

ワンちゃんの体を自然に水に浮かせて、飼い主さんは不安定にならないように脇を軽く支えてください。

水に慣れたら、まずは浅い水の中で一緒に遊んであげて、楽しい場所だと思ってもらえれば一歩前進です。

徐々に水を深くしていけば、自然に泳げるようになると思います。

水泳時の注意点

水難事故に注意

水泳は非常に体力を消耗する運動です。

プールであれば問題はありませんが、川や海で遊ばせる場合は、水に慣れて、どんどん泳ぎ続けていくと、やがて体力をなくし、岸に戻れなくなる危険があります。

とくに川は水流が強いため、プールや海よりも消耗が激しくなります。

自然の水辺で遊ばせる場合は、よほど水に慣れたワンちゃんでも、安全のためにライフジャケットを着用させたほうがいいと思います。

感染症対策をしておく

川遊びは感染症を引き起こす可能性があるため、愛犬の動きに目を光らせておきましょう。

とくに注意したいのはレプトスピラ症です。

これは、汚染された水を飲んでしまうことで下痢や嘔吐などを引き起こす病気です。

重症化することもある怖い病気ですが、事前に7種混合ワクチンを接種しておくことで予防できますから、忘れずに準備しておきましょう。

また、水辺に潜む寄生虫にも注意しましょうね。

水泳が終わったら

海や川で泳いだ後は、キレイな水で体をよく洗い、感染症や皮膚疾患の予防をしましょう。

洗い終わった後は、毛をしっかりと乾かし、耳の中の水気もしっかり取ってあげましょう。

耳の中に水が残っていると中耳炎になる危険があります。

体を拭いた後は、体のチェックもしてあげてください。

見逃しがちな足の裏は、ケガがないかどうかチェックしましょう。

まとめ

愛犬の水遊びは、まずは水に慣れるところからスタートです。

嫌がる様子や怖がる反応を見せた場合は、無理をさせないようにしましょう。

公共の場所ではしっかりとマナーを守り、安全に注意しながら一緒に水遊びを楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました