犬と一緒の海水浴を楽しむ方法について解説

スポンサーリンク
グッズ紹介

夏場の海は危険が多く、何の対策もせずに愛犬を連れ出すのは得策とはいえません。

犬が体調を崩したり、ほかの海水浴客の邪魔になることもあります。

今回は犬と一緒に海水浴に行く際の注意点について解説します。

海水や異物を飲み込む危険性がある

海水を飲むとどうなるか

意図して飲むことはないと思いますが、何かの拍子に犬が海水を飲んでしまうことは珍しくありません。

少量であれば問題ありませんが、飲みすぎると海中のバクテリアが原因で下痢を起こす場合があります。

過去には海水に含まれるミネラルが原因で、ナトリウム中毒になった例もあるそうです。

異物誤飲に注意

砂浜には打ち上げられた海藻のほか、死んだ魚やクラゲ、焼き鳥の串など、さまざまな危険物が落ちています。

犬が普段の散歩コースでは見られないようなゴミなどに興味をもって、口にしてしまう危険があります。

真夏の日差しに注意

夏のビーチは強い日差しに照らされ、砂浜は60℃以上の高温になっています。

人がビーチサンダルを脱いで歩くと火傷を負いかねませんが、これは犬でも同じことで、真夏のビーチを何の対策もなく歩かせると肉球が火傷してしまいます。

強い日差しに当たれば、犬だって日焼けします。

鼻先や短毛種の耳などはとくに日焼けしやすいので注意が必要です。

事前に犬専用の日焼け止めを塗ってあげるといいでしょう。

海水浴をする際に準備しておきたいグッズ

ライフジャケット

全ての犬が必ずしも泳ぎが得意というわけではありません。

泳ぎが得意な犬でも、波にさらわれたり潮に流されて、溺れてしまう危険があります。

万が一に備えて、ライフジャケットを着せておけば安心できます。

パラソルやテント

熱中症を避けるために休憩場所には日よけを用意しましょう。

直射日光を防ぐだけで、体感温度は全然違ってきます。

飲料水や保冷剤

海で遊んでいて、知らぬ間に熱中症になったという実例はいくつも報告されています。

熱中症になる前に、マメに水を飲ませたり体に水をかけたりして、体内に熱がこもらないように気をかけてあげてください。

万が一熱中症の疑いが出てきたら、氷や保冷剤を使って体を冷やすといいでしょう。

海水浴に出かける際には、クーラーボックスに冷えた水や氷を多めに入れておきましょう。

海から上がったらシャワーを忘れずに

犬を海に入れた後は、海水をしっかり洗い流してください。

海水が体についたままだと、皮膚炎を起こすことがあります。

海水浴場にワンちゃんが使えるシャワーがあればベストですが、なければポリタンクなどを事前に用意して、簡易シャワーとして利用するといいでしょう。

まとめ

海水浴場は多くの海水浴客が利用する場所なので、必ずルールやマナーを守ってください。

出掛ける前に、犬の立ち入りが許されているエリアかどうかを事前に確認しておきましょう。

ペット同伴が可能なビーチでも、リードの装着が義務付けられているところが多いです。

当然ですが、トイレのマナーも守ってくださいね。

海水浴をする時間帯については、早朝日の出の時間は気温もそれほど高くないのでおススメです。

そのほか、時期としては海水浴シーズンから外れた5~6月や9~11月もいいのではないでしょうか。

早朝やシーズンオフであれば、人の目を気にすることもないですよね。

タイトルとURLをコピーしました