犬の食器のぬるぬるを落とす方法を解説

スポンサーリンク
グッズ紹介

毎日洗っているのに犬の食器がぬるぬるするという経験はありませんか?

食器の汚れがなかなか落ちず、悩んでいる飼い主さんも多いと思います。

今回は、犬の食器のぬるぬるの正体と食器の洗い方について詳しく解説します。

ぬるぬるの原因

犬の食器のぬるぬるの正体は、「バイオフィルム」と呼ばれる細菌の膜です。

人間の歯垢やシンクの滑りもバイオフィルムで、普通の洗剤などで洗っても、なかなか落ちないという性質があります。

バイオフィルムの原因は犬の唾液

犬の唾液はアルカリ性

バイオフィルムの発生には、犬の唾液の性質が大きく関係しています。

人間と犬の唾液を比較してみると、人間はph 6.8の弱酸性であるのに対して、犬の唾液はph 8.5のアルカリ性なのです。

アルカリ性の理由

人間の唾液には唾液アミラーゼが含まれています。

唾液アミラーゼには、デンプンをブドウ糖に分解する働きがあります。

人間の口内に無数に存在する細菌は、唾液アミラーゼが生成したブドウ糖を分解して酸を生成し、人の口内を弱酸性にします。

一方で、犬の口内には唾液アミラーゼが存在しないため、アルカリ性なのです。

犬の唾液はアルカリ性であるが故に、虫歯になりにくいという利点があります。

犬の唾液の働き

犬は人と違いよく噛んで唾液で消化することはなく、すぐに胃に運びます。

犬の唾液には、食べ物を胃に運ぶ為の潤滑油の作用がありますが、消化の働きはありません。

その代わり、もうひとつ大切な働きがあります。

人間は汗をかいて体温を調整しますが、犬は汗の代わりに唾液を蒸発させて、体温を調節しているのです。

なぜ犬の唾液にはバイオフィルムが発生するのか

アルカリ性の唾液は、酸性の唾液と比較して細菌が繁殖しやすいことがわかっています。

口内で繁殖した細菌は食事の際に食器に付着し、時間が経つと細菌が繁殖してバイオフィルムを発生させます。

これがぬるぬるの原因です。

犬の食器の洗い方

人間用の洗剤で犬の食器を洗うこと自体は問題ありませんが、中性洗剤でアルカリ性のバイオフィルムを落とすことは難しいです。

食器洗いのコツとしては、まずは水に濡らす前に乾いたティッシュや布で拭き取るのが肝心です。

これによってバイオフィルムを破壊することができます。

一番有効なのは、犬の食事が終わったすぐ後に、細菌がバイオフィルムを形成する前に拭き取ることです。

食器洗いについては、洗剤を使用せずに水洗いでこするだけの犬専用スポンジも販売されていますが、あるいは汚れ落としに採用されているメラミンスポンジを使用すると、比較的落としやすいと思います。

アルカリ性の汚れに対しては、酸性の液体が有効です。

自宅で簡単に入手できる酸性の液体といえば酢です。

酢の臭いが気になる場合は、クエン酸を使用するといいでしょう。

また、食器の材質によっては、熱湯をかける方法も有効です。

まとめ

犬の食器のぬるぬるの正体は、犬の口内から移ったバイオフィルムと呼ばれる細菌の膜です。

バイオフィルムは、すぐに犬の体に健康被害を与えることはないものの、長期間食器についたまま放置すると、当然衛生的ではありませんよね。

けだまじるしのおススメは、クエン酸を使った洗浄です。

クエン酸には抗菌作用があり、水垢や石鹸のぬめり、アンモニア臭まで除去してくれる万能洗浄グッズです。

食器以外の掃除にも使うことができるので、ぜひ活用してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました