骨のオヤツに注意したほうがいい理由を解説

スポンサーリンク
グッズ紹介

最近はバラエティに富んだものが増えていて、無添加や国産にこだわった商品も多くなりましたが、昔からの定番の犬のオヤツといえば骨でできたものです。

骨はある程度の大きさと硬さがあり、ひとつ渡しておけば犬はじっくり味わってくれます。

ストレス解消など嗜好品としての目的以外にも、ゆっくり食べることで唾液がたくさん分泌されるため、ガムを噛んだときと同じような効果が期待できます。

今回は骨のオヤツを与える際の注意点を解説します。

骨のオヤツに注意が必要な理由

定番の骨のオヤツですが、いくつか注意しておかなければいけない点があります。

歯が折れるリスクがある

犬が硬いものをかじるときには切断歯という奥歯を使います。

骨の方が歯より硬いため、犬が骨をかみしめた際に奥歯が欠けてしまうリスクがあるのです。

とくに小型犬は歯が小さく弱いので奥歯が折れるリスクが大きくなります。

したがって、これは骨のオヤツに限りませんが、あまり硬い素材のオヤツは避けた方が無難です。

蹄(ひずめ)でできたオヤツは骨よりもさらに硬いので、できれば与えないようにしたほうがいいでしょう。

喉に詰まるリスクがある

骨をガジガジと噛むにつれて、大きさがどんどん小さくなっていきますが、飲み込める大きさになると、犬は飲み込んでしまいます。

この場合に食道に引っかかって喉を詰まらせてしまうことがあります。

また、市販のオヤツではありませんが、鶏の骨は絶対に与えないようにしてください。

鶏の骨は縦に裂ける性質があります。

骨が割れると先端がささくれのように鋭くなり、食道に刺さる危険があります。

骨付きの鶏料理のあと、食べ残しをテーブルに放置しないなど、犬が手を出さないように注意しましょう。

カルシウム摂取過剰による便秘のリスク

オヤツとして与える骨にはカルシウムが豊富に含まれています。

カルシウムが摂取できるのは良いことなのですが、摂りすぎると便秘になることがあります。

与えすぎには注意しましょう。

おススメの「噛むオヤツ」

骨のオヤツ以外であれば、繊維を含んだオヤツや犬用ガムをおススメします。

ガムに使われている素材で多いのが牛革やアキレスです。

比較的柔らかく長く噛むことで線維に歯垢が絡み、歯垢除去効果も期待できます。

ただし、これらのオヤツについても歯磨き効果は限定的であることに注意が必要です。

オヤツは補助的に使用して、シートや歯ブラシといった歯磨きグッズで愛犬の口をきれいにしてあげましょう。

噛むオヤツの適切な硬さとは

かたいオヤツをあっという間に噛み砕いて食べてしまう犬の場合、飼い主さんは「こんなに早く噛み砕くことができるなら、もっと硬くても大丈夫だろう」と考えがちですが、瞬間的に歯に加わる力が大きくなると歯を破折するリスクはさらに高まってしまいます。

その犬によって口や歯の大きさ、あごの強さによって噛む力が異なり、もちろん年齢によっても歯の強度は違います。

一般的にその犬にとって適切な硬さを見分けるポイントは「爪あとが残るほどの硬さのもの」「犬の歯より少しやわらかいもの」を選ぶのがよいとされています。

まとめ

楽しんでもらいたいと思ってあげたオヤツなのに、愛犬の歯を傷つけてしまうことになっては元も子もありません。

愛犬それぞれにピッタリな硬いオヤツを、しっかりと吟味して選んであげてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました