【犬の病気ケガ】治療費がどれぐらいかかるのか解説します

ペット保険

これから犬を飼いたいと考えている方やすでに飼っている飼い主さんも、病気やケガにどれくらいの医療費がかかるのか気になるのではないでしょうか。

いくら避けたいと思っていても、愛犬が病気やケガで入院や手術をすることもありえます。

もしものときのために、あらかじめどのくらいの費用がかかるかを知り、心構えをしておきたいですよね。

医療費が高額になってしまう理由

日本獣医師会が平成27年度におこなった調査によると、犬にかかる動物病院の費用は小型犬で年間約84,000円、大型犬で108,000円だそうです。

結構お金がかかりますよね💦

これには理由があります。

公的な医療保険がないから

人間の場合は健康保険の保険証を提示すれば3割負担で治療を受けることができますが、ペットには保険制度がないので、治療費は全額飼い主さんの負担になります。

動物病院によって料金設定が異なるから

人間の場合は診察内容や薬によって金額が決められているので、どこの病院に行っても治療費が大きく変わることはありません。

ところが動物病院は自由診療といって自由に治療費を決めることができるので、病院ごとに費用が異なるという状況が生まれるのです。

高額な治療費の実態について

実際に治療費がどれぐらいになるのか気になるところです。そこで事例が多く報告されている4つの症例パターンについて調べてみました。

ここで紹介する費用目安についてはあくまでも一例です。

当然ながら症状の程度によって費用は異なり、動物病院によってもかなりのバラつきがあると考えられます。

したがって実際の治療費については行きつけの動物病院で確認してください。

尿路結石症

尿結石症は、結石が尿の通り道である腎臓、尿管、膀胱、尿道にできて痛みが生じたり、排尿できなくなる病気で、再発を繰り返すことも多い病気です。

比較的小型犬に多くみられ、結石の種類によっては投薬治療で改善することもありますが、手術をともなうケースでは、手術費用15万円(入院費用は別途)という事例が紹介されていました。

アレルギー性皮膚炎

アレルギー症状を引き起こすアレルゲンは、食物、ノミやダニ、花粉などそれぞれの犬によって異なり、予防は難しく完治も難しい疾患です。

皮膚炎は数回の通院が必要になることが多いのですが、通院2回のケースで3万円という事例が紹介されていました。

歯周病

犬種に限らず、80%以上の成犬が歯周病になっているともいわれています。

放置すると歯がボロボロ抜けてしまったり、顎の骨がダメージを受けて骨折してしまうこともあります。

原因となる歯石を取り除くために全身麻酔を使った手術がおこなわれ、手術の費用は4万円程度になります。

なお、歯石を取り除いた後に悪くなった歯肉を切除したり抜歯をすることがあり、別途費用がかかります。

ちなみにペットサロンでの歯石除去は不完全なうえ、麻酔を使わないことによる痛みも伴うため、おススメできません。

白内障

人間同様、加齢による水晶体の衰えが原因で水晶体が白く濁って視力が低下する病気で、症状が進行すると、失明する恐れがあります。

犬種に限らずシニア犬に多くみられ、遺伝性の場合は若年齢で発症することがあります。

病院では点眼薬が処方されますが、根本治療のためには手術が必要です。

白く濁った水晶体を取って人工レンズを入れる手術で、費用は片目で25万円程度になります。

やはりペット保険の一択しかない

犬の治療には相当に高額な費用がかかる可能性があることがわかりました。

すべて自己負担というのでは飼い主さんの負担が大きくなってしまいますね。

やはり、もしものためにペット保険に加入することが一番の手助けになると考えます。

ペット保険には大きくわけて、入院・手術・通院にかかった費用を補償する「総合補償型」と、手術など一部の補償をする「特化型」があります。

かかった費用の補償割合は、ペット保険各社によって異なり、もちろん補償割合が高くなれば保険料も上がります。

また、動物病院の窓口でその場で精算できるタイプの保険商品と、一旦全額を支払ってから、のちほど保険会社に請求する保険商品があり、受給する方法にも違いがあります。

手厚い補償内容にしたいとか、保険料を手ごろに抑えたい、手間をなるべく省略したいなど、飼い主さんの考え方を整理したうえで、複数あるペット保険のなかから飼い主さんとペットのライフスタイルに合ったペット保険を選びましょう。

ペットの保険選びは【保険スクエアbang!/ペット保険】

タイトルとURLをコピーしました