犬の子宮蓄膿症を解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

子宮蓄膿(ちくのう)症は、細菌感染によって子宮内に膿が溜まってしまう病気です。

出産経験がない、もしくは何年ものあいだ子供を産んでいない高齢犬に起こりやすい病気ですが、若くても発症することがあります。

かつて子宮蓄膿症は、フィラリア症と並んで犬の寿命を縮める大きな要因でしたが、予防薬が一般的になったフィラリア症とともに、避妊手術の拡充によって減少傾向にあるようです。

子宮蓄膿症の原因

子宮蓄膿症にかかりやすい犬種というのはとくになく、どの犬種にも共通して発症例がみられます。これには犬の体の構造上、やむを得ない事情があります。

犬の場合、妊娠の継続に必要な黄体ホルモンが約2か月という長期間分泌され、肥厚した子宮内膜で細菌感染も起こりやすいことが原因であると考えられています。

子宮内膜に感染する代表的な細菌は大腸菌やブドウ球菌、サルモネラ菌などです。

子宮蓄膿症の症状

子宮蓄膿症の症例の多くが、発情出血が見られた1~2か月後に発症しています。

膣から子宮内へと侵入した細菌は子宮内で増殖して毒素を出し、その影響によって血栓ができたり、重症になると腎不全を起こします。

おもな症状としては、元気がない、食欲低下、水をよく飲む、おしっこの量が多い、嘔吐、お腹が張るなどがあります。

水をたくさん飲み、おしっこをたくさんするという特徴的な症状は、糖尿病や腎臓病などでもみられますが、避妊をしていない高齢のメスにこの症状が見られた場合は、子宮蓄膿症を疑ってみるべきだと思います。

また、子宮内に膿が溜まっていると、お腹が張っている状態になります。

子宮のなかの細菌が破裂して腹膜炎になる場合があり、このような重篤な状態を放置すると、最悪の場合死に至る可能性があります。

子宮蓄膿症の治療

まず感染している細菌に対して効果のある抗生物質などの薬を投与します。

その後、外科手術や麻酔のリスクが高いケースや、今後の妊娠をどうしても希望するケースで、まれに内科的治療を続ける場合もありますが、それ以外は外科的に卵巣・子宮を摘出することが最優先の選択になります。

子宮蓄膿症の予防

4歳以上のメス犬で15%程度発症し、9歳以上になるとさらに発症率が高くなるといわれていて、成犬全体でかなり高い発症率であることは確かです。

しかし、若いうちに避妊手術を受けておくことでこの病気を心配する必要はなくなります。

もし妊娠の予定がないのであれば、避妊手術を選択しましょう。

動物病院でも、子宮蓄膿症のほか、乳腺腫瘍の予防のためにも避妊手術をおすすめしているようです。

また発情後1~2か月で卵巣や子宮の超音波検査をおこない、子宮蓄膿症を早期発見することも可能になりました。

こちらの検査については、かかりつけの動物病院で相談してみてください。

子宮および卵巣摘出手術はワンちゃんの体に大きなダメージを与えます。

そうなる前に、手術リスクが低い予防的な不妊手術をおこなうことをお勧めします。

無添加国産ドッグフード【UMAKA -うまか-】申し込みはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました