自転車での犬の散歩は法律違反になる理由を解説

スポンサーリンク
グッズ紹介

犬の散歩をしていると、毎日数キロの道のりを歩くのは意外と大変だし、「自転車で犬を引いて散歩をすれば楽できるかも」なんて考えたことがあるのではないでしょうか。

でも、実際に自転車を運転しながら犬の散歩をしている人を見ると、すごく危なく感じてしまいますよね。

それだけではなく、自転車による犬の散歩は法律違反になる可能性があるのです。

自転車による犬の散歩は法律違反

 

自転車の運転に対して厳しい取り締まりがおこなわれるようになりました。

危険な運転者に対して、指導警告カードによる講習義務や赤切符による罰則制度が取り入れられたことは記憶に新しいことと思います。

法律違反の罰則に関して

自転車による犬の散歩は、道路交通法70条(安全運転の義務)違反の可能性があります。

この法律には罰則規定があり、3カ月以下の懲役又は5万円以下の罰金に処するとされています(道路交通法119条1項9号)。

つまり、自転車で犬を散歩させると、前科がつく可能性があることになります。

さらに、もし歩行者を巻き込んだ事故を起こしてしまった場合は、刑法の「重過失傷害」による罰則や、民事責任として相手への損害賠償の支払いが発生する可能性もあります。

損害保険に関して

道路交通法違反をもって、直ちに保険金支払いの対象外となるケースは少ないようですが、状況や悪質性によっては保険金が支払われない場合もあると考えられます。

想定外ゆえに起こる事故

犬はどんなにしつけていても予想外の動きをすることがあります。

自転車に乗った不安定な体勢では、飼い主さんは犬を制御することができません。

犬が急停止したり方向転換することによって、ハンドルをとられて転倒したケースや、リードが車輪に絡まって、犬が車輪に巻き込まれる事故も起きています。

Aさんのケース
Aさんが愛犬を伴走させて自転車を走らせていました。
ハンドルに結んだリードがほどけて犬が道路に飛び出し、車に轢かれてしまいました。
Bさんのケース
Bさんが、やはり愛犬を伴走させて自転車を走らせていました。
そのまま道を進んでいると、向かい側から犬の散歩をしている人が現れました。
その瞬間、Bさんの犬が反応して、前方にダッシュしました。
急にリードを引っ張られてバランスを崩し、Aさんは自転車ごと転倒。
その際に、近くにいた歩行者を巻き込み、ケガを負わせてしまいました。

こんなときに飼い主さんが口を揃えていうのは「今までこんなことはなかった」だそうです。

まとめ

自転車による犬の散歩は、スマホを操作しながら自動車を運転するのと同じぐらい危険な行為であると同時に、犬にとっても苦痛です。

自転車のペースでずっと走らされることや、道中でニオイを嗅ぎたくても嗅げなかったり、走りながら排泄をしなければならなかったりといったことを想像すると、犬がかわいそうになります。

自転車で愛犬の散歩をしている飼い主さんには、愛犬家としての在り方について考える機会をもっていただきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました