胴長短足犬がなりやすいケガや病気と対策を解説

スポンサーリンク
ペットヘルスケア

ダックスフンドやコーギーなどの短足種は、その特徴的な可愛らしさから小型犬の中でもとくに人気があります。

しかし、これらの犬種には足が短いという身体的特徴によって起こりやすい病気やケガがいくつかあります。

今回は、胴長短足犬種の病気とケガ、その対策について解説します。

胴長短足の理由

足が短く胴長の犬種は、愛くるしい見た目から人気があります。

この身体的特徴は、ただ可愛いというだけでなく歴史的な理由があるのです。

ダックスフンド

ダックスフンドは、かつてウサギやアナグマを狩る猟犬として活躍していました。

小さな穴の中で生息している獲物を捕らえるため、ダックスフンドは細くて狭い場所に潜れるような体型に改良され、現在の姿になりました。

ウェルシュコーギー

コーギーは羊や牛などの家畜を追う牧羊犬として活躍していました。

体高があると家畜に蹴られてケガを負う危険があったため、足が短く胴長な身体に品種改良されたといわれています。

バセットハウンド

のんびりとした性格のバセットハウンドも、もともとはウサギ狩りなどの猟犬として活躍していた犬です。

運動量が少なめで肥満になりやすい傾向があるので、足腰の疾患にはとくに注意が必要です。

胴長短足犬がなりやすい病気

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは人間にも起こる病気で、背骨の椎間板にトラブルが起こる病気です。

椎間板は、小さいブロック状に連なっている背骨の間に挟まっているゼリー状の組織で、衝撃を和らげるクッションの役割を果たしています。

椎間板ヘルニアは、椎間板が本来の場所から飛び出てしまう現象です。

飛び出た椎間板が脊髄や神経を圧迫して麻痺症状を起こし、歩行運動に不具合が出てしまいます。

胴長短足の犬種は椎間板にかかる負荷が大きく、椎間板ヘルニアになりやすい傾向があります。

椎間板ヘルニアの大きな原因は肥満なので、食生活には充分注意しましょう。

骨折や脱臼

胴長短足の犬種は、短い足で体躯を支えています。

激しい運動時やジャンプした時などに瞬間的に大きな負荷が骨や関節にかかるため、骨折や脱臼のリスクが高くなります。

コーギーやダックスフンドは活発な子も多いため、激しい運動や無理な動作に注意しましょう。

軽度の脱臼の場合は飼い主さんが気づきにくいことも多く、脱臼したまま放置してしまうと悪化してしまいます。

そのため、完治が困難になったり、癖になって繰り返す恐れがあります。

股関節形成不全症

股関節形成不全症は、骨盤と太ももの骨が成長する段階で異常を発し、股関節が完全に形成されずに変形してしまう病気です。

関節の炎症や強い痛みを伴い、重症化すると歩行が困難になります。

この病気は遺伝的要因が大きく影響しているため、完全に防ぐことはできません。

しかし、成長期に肥満体質にしないことによって、発症を遅らせたり、症状を軽くすることができます。

生活環境を見直してケガや病気を防ごう

フローリングの床

ほとんどの飼い主さんは愛犬を屋内で飼育していると思いますが、ケガ対策のためには滑りやすいフローリング床の見直しが必要です。

また、階段の上り下りや、高さのあるところからの飛び降りによる骨折や脱臼の事故にも注意してください。

愛犬が行動する部屋にはマットやカーペットを敷いてあげると、走ったりジャンプ遊びをしても安心です。

肥満を防止する

肥満は万病の元です。

椎間板ヘルニアや股関節不全症などの骨の病気だけでなく、心臓病や糖尿病などの病気を引き起こす可能性もあります。

食事や運動に気をつけ、肥満にならないための生活を心がけましょう。

足裏の毛をカットする

足の裏の毛が伸びていると、肉球を覆ってしまうため滑りやすくなります。

愛犬の肉球がしっかり見えている状態かどうかをチェックし、肉球に毛がかかり始めたらカットしましょう。

自分でカットするのが難しい場合は、トリミングサロンでカットしてもらいましょう。

まとめ

胴長短足犬は、その愛くるしい特徴によって飼い主さんを癒やしてくれます。

しかし、その体型が原因で、椎間板ヘルニア、脱臼や骨折、股関節形成不全症などの病気のリスクも大きくなります。

ダックスやコーギーの飼い主さんは、愛犬のケガや病気のリスクを減らせるように、食生活や住環境を整えてあげてくださいね。

ペット保険とお金の関係を解説
ペットは家族であり、かけがえのない存在です。 もしペットが病気やケガになったら、飼い主さんとしてできるだけのことをしてあげたいですね。 最近は動物の医療技術が進歩して、CT検査や内視鏡、腹腔鏡手術など人間並みの質の高い医療を受け...
タイトルとURLをコピーしました