ドッグフードの賞味期限と保管方法を解説

スポンサーリンク
ペットフード

多くのドッグフードは長期保存ができるように賞味期限が長く設定されています。

ドライタイプのドッグフードだと、長いもので2~3年も日持ちするものがあります。

そのためか、お徳用の大容量のドッグフードを購入して、食べきる前に賞味期限が来てしまったという経験をした方もいるかもしれません。

ドッグフードの劣化の原因

ドッグフードが劣化する最大の原因は、「酸化」です。

ドッグフードには多くの原料が使用されていますが、その中には「油脂」も含まれています。

油脂は肉の成分であると同時に、多くのフードには食いつきをよくするための香りづけとして、表面にコーティングされています。

油脂は光に当たることや、熱が加わること、空気に触れることなどによって徐々に酸化が進み、

劣化した成分がワンちゃんの内臓に不調をきたすことがあります。

一部のドッグフードの賞味期限が長い理由

ドッグフードの中には賞味期限が2年から3年というものもあります。

賞味期限が異常に長いことに疑問は生じませんか?

ドッグフードの原材料を見ると肉や魚も使用されているはずなのに、どうしてこんなに長く日持ちするようになっているのでしょうか?

それはたくさんの添加物が含まれているからなんです。

とくに賞味期限が長いフードには、例外なく大量の防腐剤、保存料、防カビ剤、酸化防止剤が使用されているのです。

開封後は早めに与えることが大切

ドッグフードは開封した瞬間から酸化が始まりますから、開封後はできるだけ早く食べきる必要があります。

ウエットフードであれば冷蔵保存をしても開封後2~3日が限界で、ドライフードであれば、開封後1か月以内が理想です。

大容量のドッグフードの場合、この条件からは完全に外れてしまいますね。

できるだけフードを劣化させない保管方法とは?

できるだけフードの劣化を遅くするために、以下のような工夫をしてください。

高温多湿を避ける
直射日光を避ける
涼しい場所におく

一度開封してしまうと、2~3か月の賞味期限があっても、フードはすぐに劣化がはじまってしまいます。

大抵の場合、冷蔵庫での保存を考えがちですが、冷蔵庫で保存するとフードの水分が物の出し入れによって結露してしまうことがあるんです。

また、長期間冷蔵庫に入れておくとフリーズドライ状態になって風味を損なってしまいますから、開封後のフードは、冷蔵庫ではなく冷暗所に保管するのがベターです。

このように、ジップロックなどの密閉容器に入れて、高温多湿の直射日光が当たらない涼しい場所で小分けにして保管しておくだけで問題ないと思います。

フードの保存にもいろいろと手がかかりますが、いつもベストな状態の食事を与えましょう。

タイトルとURLをコピーしました