【UMAKA(美味華)】 ヒューマングレードを超える高級フード登場か?

ペットフード

「UMAKA(美味華)」は九州産の華味鳥を100%使用したユニークな国産高級ドッグフードです。

水たき料亭『博多華味鳥』を経営する会社が、2018年7月にドッグフード販売を開始したことで話題となっていますね。

今回はヒューマングレードを超える品質ともいわれる国産ドッグフード「UMAKA」を紹介します。

UMAKAの特徴

鶏肉の効用

なんといっても水炊きに使用できるグレードの鶏肉を使用していることが、UMAKAの最大の特徴です。

鶏肉には、セレンやビタミン類など、免疫機能を維持する上で必須のミネラルが多く含まれていて、しかも高タンパク、低脂質ですから、ドッグフードに適したお肉だといえるでしょう。

ヒューマングレードを超える高品質

そのほかにもUMAKAには際立った特徴があります。

原料が人間も食べられるグレードであり、原材料はすべて国産です。

フードの劣化原因となるオイルコーティングはされておらず、人工添加物も一切使用されてないという徹底ぶりです。

あえて穀物を使用するわけ

穀物を使用することは一概に悪いことではないのですが、UMAKAはグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードではありません。

あえてグレインを使用していることには理由があります。

UMAKAドッグフードに使用されている穀物は、玄米や大麦などで、アレルギーになりやすい小麦由来のグルテンが含まれないものに限定されています。

これらの原材料には、腸内環境を整える働きや、ビタミンやミネラルなどの栄養補給をする働きがあり、腸内環境を整えたり、体調を整えて免疫力を保つために、あえてグレインを使っているのです。

フードの形状

フードの粒は平たい楕円形で、粒にはオイルコーティングされていません。

ワンちゃんの対象年齢を選ばないオールステージということですが、粒がちょっと硬めなので、歯が弱いワンちゃんにはふやかしてあげた方がいいかもしれませんね。

デメリットは値段と賞味期限

価格がやや高いのが最大のデメリットです。

価格は1.5キロで通常価格4,980円となっていて、競合の国産フードと比べても、やや高い印象です。

ただし、初回特別価格2,980円と40%オフで購入できますから、試してみてから定期購入を検討してみてもいいでしょう。

2回目から10%オフの定期コースも用意されています。

賞味期限は未開封で1年、開封後は1か月です。

賞味期限の短さは添加物フリーのフードの宿命ですね。

まとめ

高級志向の国産フードにあって、UMAKAは異色の存在だといえるでしょう。

「ヒューマングレードを超える品質」というキャッチフレーズにメーカーの自信が現れていますね。

発売開始が2018年と歴史が浅いのですが、「高いだけある!」と納得できる内容なので、今後口コミも増えてくるのではないでしょうか。

体質によっては鶏肉や穀物が合わない犬もいると思いますが、とくに相性の悪い原料がなければリストのひとつに入れてみてはどうでしょうか。

無添加国産ドッグフード【UMAKA -うまか-】申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました